ノーマルCP マリア様がみてる 真美

【マリみてSS(真美×祐麒)】バレンタインは恋の味

更新日:

~ バレンタインは恋の味 ~

 

 二月十四日。
 言い換えるならば、バレンタインデー。
 お菓子メーカーの戦略にのせられていると分かっていながら、皆その日に向けて一生懸命に準備をしたり、幸せな想像を膨らませたりしている。
 大好きなお姉さまのために、尊敬する先輩や先生のために、お付き合いしている男性のために、思いを寄せている殿方のために、想いは人それぞれ異なるけれど、大切な人のために用意をするというのは共通のことである。
 山口真美の通う、ここリリアン女学園でも同様のことが繰り広げられる。ただ、他とちょっと違うところがあるとすれば、チョコレートを渡す相手のほとんどが、同じ女性であるということだ。
 もちろんそれは、女子高であることに加え"姉妹"という特殊な制度があるためである。
 真美も昨年は、姉である築山三奈子のためにチョコレートを作って手渡した。もっとも、実は酷い出来で、一度は捨てて市販のチョコを帰り際に買って渡そうかと思ったくらいだったのだが、廃棄する前に見つかってしまいほとんど無理やり奪われてしまった。味見したから分かっていたが、本当に不味かったはずだ。レシピの通りに作ればうまくいくとタカをくくっていたため余分な材料もなく、前日の夜、半分泣きながら包装していた。
 だけれども三奈子は、そんな不出来なチョコレートを殆どその場で食べてしまった。最初、不味そうに顔をしかめていたから無理しなくていい、と言ったのだが全く聞く耳を持ってくれなくて。
 確かに味は良くないけれど、真美が作ってくれたからそれが一番うれしいと、笑いながら食べて。
 ありがちな言葉だったけれど、物凄く嬉しかったのをよく覚えている。

 それが、昨年のバレンタインデーだったのだが、さて今年はどうしようか。
 渡す相手は、もちろんお姉さまと、昨年の秋に妹となった日出美。そして、それから……頭に浮かんできたのは、リリアン学園にはいない人の姿。
 昨年に知り合って、何回か会ってお話した人。ちょっとばかり?気になる人。
 でも、チョコレートを渡そうにも、どんなチョコレートを渡せばいいのか。それ以前に、どこでどうやって渡せばいいのか。
 どこかに呼び出す?どうやって?手紙?電話?
 それとも、自分から会いに行く?どこへ?学校?自宅?
「―――あああ、そんなのゼッタイ無理ムリ!!」
 頭を抱えて机に突っ伏した。
「何、一人で身悶えているのかしら、真美?」
「おっ、おおおおおお姉さまっ?!い、いつからそこに?!」
 顔を上げれば、お姉さまが呆れた顔をして真美のことを見下ろしていた。今の時期、まさに大学入試真っ只中の姉が、学園に足を向けているとは思っていなかった。
「いつって、真美が一人、顔を赤くして身をよじっているところからかしら。滅多に見られない姿だから、つい堪能してしまったわ」
「いらしているんなら、声くらいかけてください」
 真美は頬を膨らまして、そっぽを向いた。
 姉に、こんな醜態を見せてしまうなんて、なんたる不覚か。
 そ知らぬ顔をしてワープロに向かい、りりあん瓦版の記事を書き進める。ネタはやっぱり、バレンタイン特集。今年も昨年に引き続き、新聞部と山百合会が共同でイベントを行うことになっている。
 しかしお姉さまは、そう簡単には逃してくれない。
「で、何?バレンタインのことで悩んでいるの?」
「悩んでなんかいません」
 正面の椅子に座り、じっと真美の顔を見つめてくる。
 無視、無視。
「私に渡すことで悩んだりなんかしないだろうから、日出美ちゃんかしら?」
「…………」
「と、いうのも不自然な感じだし、ずばり、男の子ね!」
「ちっ……違います!!」
「真美、あなた意外と分かりやすいわね。顔、真っ赤よ」
「う~、あ~」
 口をパクパクさせるけれど、言葉が出てこない。
 お姉さまの一言に、あんなに過敏に反応してしまうなんて、なんたる失態か。
「いや、真美が男の子にね~、なんか、そうなんだ」
 真美の内心など知ったこともなく、お姉さまは楽しそうにしている。早いところ、この話題からはおさらばしたいが。
「で、どんなチョコをどう渡せば喜んでくれるか悩んでいたってわけね。バカねえ、男の子が嬉しいっていったら、決まっているじゃない」
「な……何が決まっているって言うんですか」
 お姉さまの言葉にのせられてはいけない、と思いつつも、ついつい言葉に反応してしまう。どうせロクなことではないと頭では思っているのに、もしかしたら何か本当にいいアイデアでも出てくるのかもしれないと考えてしまったりして。
「何って……決まっているでしょ」
 そこで、含み笑いをして、蛇のような目をして真美のことを見てくるお姉さま。この時点で、訊いたのはやはり失敗だったと悟ったけれど、時すでに遅く。
「裸の真美ちゃんをリボンで飾り付けて、チョコレートは胸にはさんで。『バレンタインプレゼントは私自身。美味しく食べてね』って言ってあげれば、イチコロよ。ああ、想像しただけでも鼻血がっ……!」
「なっ――――」
 お姉さまが言ったことを心の中で復唱して。頭の中で、そんな自分の姿を想像して。
「な、な、何を言っているんですかお姉さまっ!!!そ、そそそそ、そんなこと、で、できるわけないじゃないですか!!」
 顔を真っ赤にしながら怒鳴り、隣の椅子に置いてあった鞄とスクールコートを引っつかみ、ワープロで書きかけの記事もそのままに真美は大股で部室を後にした。
 やっぱり、聞くんじゃなかった。
 内心、そう思いながらも先ほどお姉さまが口にした内容を想像して、羞恥に体が熱くなってしまうのであった。

 

 外気で頭を冷やしながら帰途を歩く。その途中、寄り道はいけないと分かっていながらも、ついついバレンタイン商戦にわく街に足を向けてしまった。
 様々な店が、様々な宣伝で賑わう中、真美はよく利用しているケーキ屋に向かった。ケーキ屋とはいっても、バレンタインの時期になればチョコ菓子も売り出しているし、ケーキ屋らしく特製のチョコレートケーキなんかも売り出している。
 そんな、華やかなショーケースを眺めていると。
「やあ、真美ちゃんいらっしゃい」
 顔なじみである、お店のおじさんから声をかけられた。
 店内もそれほど混んでいないため、真美に話しかける余裕があるのだろう。
「こんにちは、おじさん」
「ひょっとしなくても、チョコレートを見に来たのかな?」
「まあ、そうですね」
 答えながら、首をひねる。
 店内の一角に、手作り菓子用の材料とキットが置かれているコーナーがある。やっぱり、せっかく贈るのであれば手作りにしたいという気持ちがある。
「そうだ、真美ちゃん」
 いきなり、おじさんが名案でも思いついたかのように指を鳴らした。
「今週末、よかったらまた臨時でバイトに来てくれないかな」
「えっ?!」
「バレンタインデー直前ということで、またかなりの混雑が予想されるんでね。最初は大丈夫かなと思っていたんだけれど、先週末も結構、大変だったから来てくれると助かるんだけどなあ」
「あ、でも」
「学校なら大丈夫だから。それに、バイトの報酬として、少し厨房を貸してあげてもいいよ。作り方とか教えてもあげるし」
「え、本当ですか?」
 それは、なかなか魅力的な条件だった。なんといっても、昨年の失敗が大きく心に残っているから、プロが教えてくれるというのは心強い。
「えーと……じゃあ、やろう、かな?」
 それでも少しばかりためらいがちに答えると。
「よし、決まりだ。そうだ真美ちゃん、せっかくだからこれから教えてあげようか」
「い、今からですか?」
「よく考えたら、週末は忙しくてそんな時間ないかもしれないし、教えるなら平日の方がいいから」
 もっともなことだった。
 真美は少しだけ考えたけれど、すぐに決断した。
「はい、お願いします」
 ぺこりと頭を下げる。
 今年こそは、お姉さまをあっと驚かせるようなものを作って見せると意気込みながら、お店の奥に向かっていった。

 

 それから平日の帰りは、お店に寄ってお菓子作りを教わる毎日だった。おかげで、りりあん瓦版の製作が他の部員に任せっきりになってしまったのはちょっと心に引っかかったけれど、仕方がない。何しろ時間がないのだ。教わるといっても、時間をたくさん割いてもらえるわけでもないし、厨房を自由に使えるわけでもないのだから。
 あっという間に日は流れ去り週末となって。土曜日、学校が終わるとすぐにお店に足を向けた。土曜日と、日曜が約束のアルバイトの日だった。
「すみません、遅くなりましたー」
 ばたばたと慌しく更衣室に駆け込んで、制服に着替える。
 ちなみに、クリスマスのときには特殊なコスチュームを身に着けたが、今回はごく普通のお店の制服である。
 ホワイトの肘丈ブラウス、レッドブラウンのジャンパースカートにサロンエプロンを合わせている。足元はストッキングにローファー。頭には三角巾。
 姿見に映る自分自身の格好を見る。
 普段、なかなか身に着けない衣装のせいもあるかもしれないけれど、これは結構、可愛いのではないだろうか。
 にっこりと、慣れない笑顔を浮かべてみたりして。
「……って、そんなことしている場合じゃなくて」
 三角巾の角度を直しながら、売り場へと向かう。
 一応、お菓子作りを教わっている時に、バイトの説明も受けている。基本的にクリスマスの時と同じように、バレンタイン特設コーナーの売り子さんをやることになっていた。
「入りまーす」
 と、売り場へ出ると。
「あ、真美さん」
「…………へっ?」
 そこには。
 なぜか男性用の制服を着て、当然のように接客をしている祐麒さんの姿があって。
 でも、真美の思考はいきなりのことにうまいこと回転してくれなくて。
「…………え、えええええ?!」
 驚きの声をそんな風にあげることしかできず。
「な、なんで、祐麒さんがここにいるんですか??え、え」
 思うままに疑問を口にすると。
「あれ、真美さんに頼まれたって聞いたから来たんだけれど……あれ、違う?」
「え、え…………お、おじさんっ?!」
 混乱しながらも、祐麒さんの前からぐるりとUターンしておじさんのところに駆け寄り、目で問いかける。するとおじさんは、ごく当たり前のように言った。
「ああ、私が頼んだんだよ。連絡先はこの前聞いていたし、真美ちゃんとの息もぴったりだったし」
「で、でも私、聞いていないです」
「はっはっは、びっくりさせようと思ってね」
 おじさんは豪快に笑ったけれども、笑い事ではない。
 こんな話、聞いていない。それに、それに、それにーーーーーーっ!!
「チョコレート、渡すんだろう?」
「ふやぁ?!」
 自分が発したとも思えない、奇天烈な声が出てしまった。
 両手で顔をおさえ、おじさんと、売り場にいる祐麒さんの姿をせわしなく交互に見てから、真美はおじさんに抗議した。
「ででででも、ま、まだ」
 ぶんぶんと、握った両の拳をぶんぶんと上下に振る。しかし、おじさんはいつもと変わらぬ穏やかな笑顔を浮かべている。
「まだ時間はあるから大丈夫だって。ほら、それよりも今は仕事、仕事」
 見れば、いつのまにやらお客さんの数が随分と増えている。ほとんどが、若い女性ばかりであきらかにバレンタインのチョコレートを目的としているのが分かった。祐麒さんがいる特設のコーナーにも、かなりの人だかりができていた。
 真美はしばし、どうしようかと逡巡した結果、とりあえず仕事を優先させることにした。根は真面目なのである。
 小走りに売り場まで行き、祐麒さんの隣に立つ。
「頑張ろうね、真美さん」
 そう言って笑いかけてくれた祐麒さんに対して。
「は、はい」
 と、小さな声で返事をすることしかできない真美。
 お店の制服姿である自分自身が妙に気恥ずかしかった。

 

 クリスマスのときもそうだったが、いざ働き出すと余計なことは忘れてしまうから、あっという間に時間は流れすぎて今日のバイトは終わりとなった。クリスマスの方が凄い人だったので、疲れてはいたけれどまだ余裕があった。
 お店自体の営業時間はまだ少しあるのだけれど、二人は少し早めに上がらせてもらえることになっていたので、並んで店の奥に行こうとしたら祐麒さんがふと気がついたように口を開いた。
「そういえば、真美さん」
「はい」
「その制服、よく似合っているね」
「えっ……」
 完全に、油断していた。
 一生懸命に働いていて、すっかり自然に接することができていたのに、その一言で完全に意識が戻されてしまった。
 だから、赤くなっていきそうな顔を、手に持っていた三角巾で咄嗟に隠して。
 でも、祐麒さんは焦る真美の内心には気づく様子もなく。
「せっかくだから、一緒に帰ろうか?着替えたら、待っているから」
 そんなことを言ってくる。
「へっ、あ、でも……」
 ああ、せっかくの誘いではあるのだけれど、今日はそれを受けるわけにはいかない。
「ええと、今日は、その」
 なんて言おうか困っていると。
「ああ、ごめん。真美ちゃんには今日、残業をお願いしているんだ」
 後ろからおじさんが、声をかけてきた。
 振り向いて見ると、不器用にウィンクをしてみせてきた。
「え、それなら俺も手伝いますよ」
「いや、ちょっと真美ちゃんじゃないと出来ない仕事なんだ。今日のところは福沢くんはあがってくれてかまわないよ」
「でも……」
「あの、ホントに、気を使わなくても大丈夫ですから。それに前から、やることになっていたから」
 まだ何か言いたそうな祐麒さんに、真美も付け加えた。
 ここで残られてしまっては、真美が残る意味がなくなってしまうから。
「うーん、それじゃあ、分かりました。先に上がらせてもらいます」
「は、はい」
「楽しみにしているといいよ、福沢くん」
「はい?」
「お、おじさんっ?!」
 さらに余計なことを言いそうなおじさんの腕を引っ張るようにして、厨房のほうに逃げ込んだ。
 首をかしげている祐麒さんの姿が、ちらりとだけ目に入った。

 

 アルバイト二日目の日曜日。さすがにバレンタインデー前最後のお休みということで、お客さんも昨日より増えていた。実際には買わずに帰っていく人もいたりするのだけれど、そういう人に対しても色々とお勧めしたり説明したりするので、一日中ほとんど休みなく働いた感じだった。
 もちろん、祐麒さんとお喋りする余裕なんて全くなかった。お昼だって、少し空いているときを見計らって、交互にとったくらいなのだから。もっとも、お話する時間があったとして、何を話したらよいのかなんてさっぱり分からないのだけれど。
「お疲れさま。あー、やっぱり一日中立ち仕事って、結構疲れるね」
「はい、私もくたくたです」
 体力なしを自覚している真美だから、これは偽りない本音なのだが、気持ちの良い疲れでもあった。
 ……きっと、明日は足がぱんぱんに張っているだろうけれど。
「二人ともお疲れ様。いやあ、今回も助かったよ」
 おじさんが、にこにこと笑顔を浮かべながらやってくる。祐麒さんと真美は、二人揃って頭を下げる。
「うん、こうして見ると二人とも本当にお似合いだね。どうだろう、私たちには子供がいないから、いずれ二人でこの店を継がないかい?」
「なっ……」
 本気なのか冗談なのか、おじさんはとんでもないことをさらりと口にした。
 真美が固まって絶句していると。
「て、店長。そんなこと言って、ほら、真美さんが困っているじゃないですか」
「ほう、ということは、福沢くんは別に困っていない、ということかな」
「い、いや、俺は」
 おじさんに切り返されて、祐麒さんもしどろもどろになる。
 そんな二人を見て、おじさんは嬉しそうに笑って。
「まあとにかく、せっかくのお休みの日にありがとう。もう上がっていいから、この後は二人の時間を楽しみなさい。それからさっきのことだけれど、うちの店はいつでも二人が来るのを待っているからね」
 最後までからかうようなことを言って、おじさんは二人の肩を軽く叩いて店の奥に向かっていった。
 残された祐麒さんも真美も、お互い何も言えず顔を赤くして立ち尽くすのであった。

 

 着替え終えてお店の外に出ると、祐麒さんが待っていてくれた。まるで、クリスマスのときの再現のよう。そんなことを考えると、自然と胸がどきどきしてきた。
 白い息を吐き出しながら、小走りに駆け寄る。
「ご、ごめんなさい、お待たせしちゃって」
「全然。祐巳が着替えるのを待っているのに比べたら、ずっと早いし」
「そうなんですか?」
「そうだよ。服を選ぶの遅いし、着替えたと思ったら後ろ前だったり」
「あは、でも祐巳さんらしいかも」
「そうかなあ。あ、でも着る服を選ぶ必要がなかったことを考えると、真美さんも祐巳と同じくらいかも」
「えー、それじゃ私がノロマみたいじゃないですか」
「あはは、ごめんごめん、嘘、ウソ」
 ちょっと膨れてみせると、祐麒さんは笑いながら謝った。
 まあ、実は焦ってボタンを掛け違えてしまって時間をロスしたのだけれど、それは黙っておくことにした。
 そんな、たわいのないことを話しながら歩く帰り道。
 真美は、心の中で葛藤していた。
 きっと、今日を逃してしまったら渡すことなんてできない。バレンタインデー当日に呼び出したり、渡しに行ったりなんて、どう考えたってできそうになかった。
 だから、渡すとしたら今日が最初で最後のチャンス。
 お店のおじさんが、おせっかいを焼いて作ってくれた機会。
 肩からさげたバッグの中には、昨日残業して作り上げた『それ』が入っているけれど、どう切り出して渡したらいいのだろうか。それにもし、変な顔をされたり、困ったりされたらどうしたらいいのか。
「……それにしても、予想はしていたけれど凄い人だったね」
「そ、そうですね」
「俺、知らなかったんだけれど、あのお店って結構、有名なんだね」
「あ、はい、しばらく前に雑誌とかにも載ったことあるんですよ」
「確かに、美味しそうだったもんね。俺、売っていて、すごい食べたいなーって思っちゃったもん」
「え……」
「ああいうチョコとか、食べたことなんてないし。ああ、買えばよかったかな」
 言いながら笑う祐麒さんだったけれど。
 真美は内心、うろたえていた。
(えええええっ、そ、そんな?!それじゃあ素直に、お店の品、買えばよかったの)
 一週間、頑張ったのに。
 がっくりと、うなだれそうになる。
「―――でさ……て、あれ、真美さん、どうしたの?」
「え、あ、ううん、なんでもないです」
 無理に笑顔を作ろうとしたけれど、なんかうまくいかなくて。
 一気に、胸の中がもやもやしてきて、色々と悔しくなってきて。
 そうなると、せっかく頑張ったのに、渡さずにいるなんてものすごく勿体無い気がしてきて。
「あ、あのっ、祐麒さんっ」
「ん、なに?」
「あ……」
 思い切って渡そうかと思ったのも束の間。
 いざ、切り出そうかとバッグに手を入れようとしたけれど、祐麒さんの顔を見た途端、固まってしまって。
「どうしたの?」
「う……」
 胸がバクバクする。
 でも、せっかくなのだから渡さなければ。
(う~~っ!)
 心の中で唸りながら、真美はバッグの中から包みを取り出し、目をつむって思い切って手を前に差し出した。
「こ、これっ」
 声が上ずる。
 うわ、ええと、なんていえばよいのだっけ?
「よ、よかったら、」
 そうだ、あれだ。
「わっ、わたしを、美味しくいただいてくださいっ!!」

 ―――――って

「えっ…………」
「きゃあああああああっ、ちっ、違うっ?!そっ、そうじゃないんですっ!」
 混乱。
 激しく動転。
「わ、わたしだと思って食べてくださいっ……で、でもなくてっ、ええと、あの」
 うわわ、な、なんだ、私。
 さっきから、なんかとんでもないことばかり口走っている。
 顔が高熱を持ったように熱くなり、頭の中がぐるぐると回っている。
「ま、真美さん、落ち着いて」
「わっ」
 ばたばたと振り回していた手を、不意に握られて。
 祐麒さんの手が、暖かく真美の手を包み込んで。
「ご、ごめんなさい」
 ようやく、ちょっとだけ落ち着いた。
「これ、ひょっとしてバレンタインデーの……だよね。もらって、いいのかな?」
「は、はいっ。あの、よかったら」
 改めて、渡す。
 というか、手を握られていたのでそのまま祐麒さんの手に移っていった。
 先ほどの醜態に、近くのマンホールの蓋を開けて中に逃げ隠れたいくらいだったけれど、そういうわけにもいかず、何を言ったらいいのかもわからなかったのでとりあえず言い訳のように口を開く。
「ご、ごめんなさい、お店のお菓子じゃなくて。味も、形も、全然、悪くて」
 包装紙とリボンだけは、お店のものを分けてもらったのだけど。
「え。じゃあひょっとして、手作り……とか?」
「は、はい……ごめんなさい」
 首をすくめる。
 だって、お店のものが欲しいなんて、知らなかったから。
 けれども、祐麒さんは。
「何、言ってるのさ。真美さんの手作りなんて、お店のチョコをもらうより何百倍も嬉しいよ」
「え、でも、さっき、お店のが欲しいって……」
「言ったけれど……それは商品としてということであって、バレンタインデーで貰うんだったら、真美さんの手作りのほうが、ずっとずっと嬉しいよ」
「わ……」
 まずい。
 それはもう、見てるほうが笑っちゃうくらい、今の真美は顔が真っ赤になっていることだろうと思った。
「でも、あの、ホント、味とかは期待しないでくださいね」
「いやー、期待しちゃうかも。嬉しいなあ、初めて貰ったバレンタインチョコが、真美さんの手作りなんて」
「えっ、今、な、なんて?」
「え、だから、初めて貰ったバレンタインチョコが真美さんの手作りなんて……」
「は、初めて?」
「ほら、俺、男子校だし。まあ、祐巳や母さんには貰ってるけど、家族はカウントに入れないでしょう」
「ええ、そんな、すみません、初めてが私なんかのチョコで」
 思わず頭を下げて謝ってしまった。
 だってまさか、そんなこととは思ってもいなかったから。
「だから、謝る必要なんかないってば。さっきも言ったけれど、初めて貰ったチョコが真美さんからで、しかもそれが手作りなんて、凄く嬉しいし」
 照れくさそうに祐麒さんは言うけれど。
 聞いた真美だってそれはもう、恥ずかしくて。
「そ、そうだ。ねえ真美さん、開けてみてもいいかな」
 照れを隠すかのように、祐麒さんは真美が渡した包みを上げてみせた。
「……っと、立ちながらっていうのもなんだし、どこかで……」
 気がつくと、クリスマスのときに一緒にケーキを食べた広場まで来ていた。
「……さすがに、この前と同じっていうのは、ないか」
「ええと」
「どこか、暖かいお店にでも入ろうか」
「はい」
 二人並んで、近くのお店に向かう。

 二月半ばの風はまだとても冷たくて、コートを着ていても身を切るような寒さだったけれども。

 真美の心は温かさを通り過ぎて、ちょっと熱くなっていた。

 

 ――――え、チョコの味?

 

 ……それは、ヒミツ。

 

 

おしまい

 

応援クリックいただけると幸いです。
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ

スポンサーリンク

アドセンス1

スポンサーリンク

アドセンス1

スポンサーリンク

-ノーマルCP, マリア様がみてる, 真美
-,

Copyright© マリア様の愛読書 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.