書評と主にマリア様がみてるの二次創作(旧:よしのXブレード)

マリア様の愛読書

http://bookmaria.com

漫画等の紹介・考察

『33歳独身女騎士隊長。』2巻の感想。ストーリーも進みつつ、エロコメディも忘れないよ!

更新日:

 

こんにちは、神門です。

天原氏の描く『33歳独身女騎士隊長』の2巻がようやく発売されました!

1巻が発売されてから、どれだけ経ちましたかね・・・・

久しぶりの2巻でも、天原氏のセンスは炸裂しています!

 

作品情報

作品名 33歳独身女騎士隊長
著者 天原
出版社  
紹介対象の巻 2巻
ジャンル ファンタジー・コメディ

 

作品の感想

1巻ではクロノアーク王国のシルビア王女がゼニアルゼ王国に嫁入りして、さらに懐妊されました。

2巻では、その続きから始まるわけですが。

大国であるゼニアルゼ王国と結びついたことで、それまで小国で特に何の価値もなかったクロノアーク王国にも急遽、注目が集まるようになります。

王国にいるメイル達も、そんな他国からきた隠密たちの目が気になるようです。

でもそれは国家機密を探られたら困る!

とかそういうことではなく、単に、うかうか自慰行為もできやしない、とかそういう理由だったり。

偵察にきているキャラ達と、メイル達の感覚の差が他にもちょいちょい笑わせてくれます。

他の国からの監視でも、メイルの悩み事はこんなんばっか。

「33歳独身女騎士隊長」 2巻 天原/BookLiveより 引用

 

大国に嫁いだことで、色々と策謀を巡らせるのが天才といわれるシルビア王女。

お腹は大きくなって自由に動けなくなっても、脳細胞の活動は活発です。

色々な考えを巡らせて策をうっていきます。

彼女が目を付けたのが、ソクオチ王国(なんつー名前だ・・・)

 

この2巻の面白いところは、こういう国盗りというか、策略というか、ちゃんとストーリーも流れていること。

1巻はどちらかというとエロネタで突っ走った感じでしたが、今巻はストーリーを進めることに注力が置かれている。

1話2ページと短いながら、その中に色々な情報が入っていて、さらに話が続いていくとちゃんと物語が動いていく。

単にショートコメディというだけでなく、ストーリー漫画的な面白さも持ち合わせているのは天原氏のセンスか。

2ページですからね、2ページ。

 

エロのネタはありますが、別にエロを描きたいというよりも、必然的にエロを描いている部分もある。

当然ですね、戦争をしていて、女性騎士が負ければどんな目にあうか。

生きるためにはどんなことをしなければいけないか。

そういう、他のファンタジーでは描かれない部分を描いているわけですから。

まあ、それでも暗く悲惨にならないのは、天原氏のなせる技でしょうか。

シルビア王女の策略は冴える

「33歳独身女騎士隊長」 2巻 天原/BookLiveより 引用

 

クロノワーク王国をとりまく環境が変わったことで、当然ながら新たな人物との交流も発生します。

  • ゼニアルゼ王国の女騎士隊長のマユ
  • クロノワーク王国の発展に目を付けた女商人のミンロン
  • ソクオチ王国オサナ王子

などなど。

今のところあまりクセは強くないけれど、それでもなかなか面白いキャラ達。

個人的にはマユさんがお気に入り。

最初は駄目な娘なのかと思わせておいて、なんだかんだ騎士隊長、冷静で優秀なお方でした。

もっと活躍してほしい!

でもエロくはなさそう!

こちらマユさん。おめめパッチリなのが可愛い!

商人のミンロン。商人らしさが良い。

「33歳独身女騎士隊長」 2巻 天原/BookLiveより 引用

 

ゼニアルゼ、ソクオチとのつながりが出て世界が広がり、物語も広がっていくのか?

でも、メイルは相変わらずではあるのですが。

1話2ページということで、次の3巻が発売されるのは何年後か!?

果たして今度はシルビア様がどんな策略を仕掛けるのか?

首を長くして待ちましょう!

 

 

スポンサーリンク

アドセンス1

スポンサーリンク

アドセンス1

スポンサーリンク

-漫画等の紹介・考察
-, ,

Copyright© マリア様の愛読書 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.