書評と主にマリア様がみてるの二次創作(旧:よしのXブレード)

マリア様の愛読書

http://bookmaria.com

エンタメ 書評

【ブックレビュー】光をえがく人(著:一色さゆり)

更新日:

【作品情報】
 作品名:光をえがく人
 著者:一色さゆり
 ページ数:258
 ジャンル:エンタメ
 出版社:講談社

 おススメ度 : ★★★★★★★☆☆☆
 アジアの情勢がわかる度 : ★★★★★★★☆☆☆
 こういう人におススメ! : アジア情勢とアートを絡ませた作品に興味あり

■作品について

拾ったアドレス帳の持ち主を探しに韓国へ。現代美術作品がきっかけの、女性二人旅の結末は──「ハングルを追って」を含む、芸術が照らし出す5編のショートストーリー集。

■良かった点

一色さゆりさんの作品ということで、今作もまた芸術関連の作品だろうと思って手に取る。
そのこと自体は間違っていなかったが、作品内容は思っていたのとは違っていた。
5本の短編で構成された本書は、いずれもアジアをテーマにした作品になっている。
単にアジアをテーマにしているだけでなく、アジア情勢を中にまぶしこんでいるところが時勢ともあっている。
それでいて難解ということはなく、読み手にもわかりやすく簡潔に描いているのもまた良い。

  • 韓国
  • 香港
  • フィリピン
  • モンゴル
  • ミャンマー

 

それぞれが、それぞれの事情を抱えている。
日本に暮らしているとなかなか実感もわかないし、詳細もわからない。
そんな国々をテーマに、登場人物たちは過去を探し、未来を目指し、各人の物語を紡いでいく。
無理しているわけではなく、かといって諦めているわけでもなく。
ふとしたことで前向きになったり。
考え方を変えたり。
そんなことを作品内で表現している。

国が異なると同時に、テーマのアートも異なる。
油絵に水墨画に人形に写真に布に描いた絵・・・
あくまでテーマであって、それぞれに対して深い造詣や知識は必要ではない。

なんというか、それぞれの作品が作り出している雰囲気というか空気感というか。
そういうのを味わいながらゆったりと読む本、みたいな感じです。

一色さん、作品の色というか方向性を変えてきているのですかね?

■ここが改善できるともっとよかったかも?

ミステリーとかそういうのを期待して手に取らないように。
一色さんのデビュー作がミステリーでしたからね。

 

 

応援クリックいただけると幸いです。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

アドセンス1

スポンサーリンク

アドセンス1

スポンサーリンク

fam8インフィード広告2×4+5連

-エンタメ, 書評
-, , , ,

Copyright© マリア様の愛読書 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.