「菜々」 一覧

スポンサーリンク

【マリみてSS(景×菜々×祐麒)】ルートK⇔7 第三話

~ ルートK⇔7 ~   第三話 『残念美少女』    一人、既に日付も変わってしまった後に部屋に帰ってきた。  昨日は早くに帰宅したため、今日は頑張って残業をしてきたのだ。明日が ...

【マリみてSS(菜々×祐麒)】せ・ん・ぱ・いっ?

~ せ・ん・ぱ・いっ? ~    ひょんなことから菜々の家にやって来て、菜々の部屋まで通された。家族には既に祐麒の存在は知られていて、何気に彼氏なんて扱いにされていた。学校も学年も違う男だし ...

【マリみてSS(景×菜々×祐麒)】ルートK⇔7 第二話

~ ルートK⇔7 ~   第二話 『デキる女』    多忙な日々は流れ、そうして四月一日を迎えた。  会社は新たな年度に入り、祐麒は社会人二年目へと突入することになったが、新入社員 ...

【マリみてSS(景×菜々×祐麒)】ルートK⇔7 第一話

~ ルートK⇔7 ~   第一話 『嵐の前の日常!』    いつの間にか、社会人一年目も終わりが近づいていた。毎日毎日忙しく、帰りは遅くて午前様も当たり前、休日出勤だってある。SE ...

【マリみてSS(菜々×祐麒)】それだけですもん

~ それだけですもん ~    女の子と一緒に外出している、それ即ちデートといっても過言ではないであろう。しかしながら、立ち寄っている場所が全くもってデートっぽくない。いや、そんなことを言っ ...

【マリみてSS(菜々×祐麒)】菜々無双!?

~ 菜々無双!? ~   「こんにちは、お待たせしましたか?」 「いや、俺も今来たばかり」 「そうですか、それは重畳なり」 「それより、今日はどうしようか?」 「その辺をぶらぶらしますか?」 ...

【マリみてSS(菜々×祐麒)】セブンスゲート <後半>

~ セブンスゲート ~<後編>    GWに入る直前のある日、祐麒は走っていた。朝は早いが天気も良く、夏はまだ先なのに、こうして走っていると汗ばんでしまうくらいなのは、はたして地球温暖化のせ ...

【マリみてSS(菜々×祐麒)】セブンスゲート <前編>

~ セブンスゲート ~<前編>    運命的な出会い、そんなものが街中にごろごろと転がっているなんて思わない。むしろ、長い人生の中でそんな風に思える出会いなんて、果たしてあるのだろうかと疑う ...

Copyright© マリア様の愛読書 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.