「マリア様がみてる」 一覧

【マリみてSS】黄薔薇恋愛革命 1.歯車は回り始める

1.歯車は回り始める  学園祭が終わったあとの花寺学院では、毎年恒例とも言える行事というか、話題というかが至るところで渦巻いていた。  今もまた、祐麒の目の前で同様の会話がなされている。去年までだった ...

【マリみてSS(由乃×祐麒)】終わらない夏

~ 終わらない夏 ~  いったい、この暑さはなんだろうか。夏って、毎年こんなに暑かっただろうか。思い出そうとして、今までの人生、夏に長時間外に出るなんて事がほとんどなかったことに気が付いた。  心臓に ...

【マリみてSS】黄薔薇恋愛革命 0.前奏曲

0.前奏曲  令は、星を見上げていた。  夜空に無数に輝く、光の欠片。知っている星もあれば、名も知れずひっそりと息を殺している星もある。  外見とは裏腹に、ロマンチックな令。  ミスマッチだな、と思い ...

【マリみてSS(乃梨子・笙子・日出実)】繋がれたその手

~ 繋がれたその手 ~  二年生に進級するとクラス替えがあった。残念なことに瞳子、可南子とは別のクラスになってしまったが、あの二人は二人で同じクラスになれたという喜びが、隠そうとしても隠し切れずに滲み ...

【マリみてSS(静×祐麒)】未来は海を越えて

~ 未来は海を越えて ~  それは、ほんの気まぐれだった。  ひょっとしたら、ホームシックだったのかもしれない。自身、そのような郷愁が沸き起こるとは思っていなかっただけに、少し意外だった。やはり、異国 ...

【マリみてSS(三奈子×祐麒)】真夏のミラージュ <後編>

~ 真夏のミラージュ ~<後編>  どうして、ここまで強引に彼のことを引き止めようとしたのか。三奈子自身、自分の気持ちがよく分からなかった。けれども、気が付いていたらそうしていたのだ。いつも通り、動き ...

【マリみてSS(加東景)】加東景の煩悶

~ 加東景の煩悶 ~  その人と街中で出会ったのは本当に偶然だった。以前、一度会ったことがあるだけだけど、よく覚えていた。  前・黄薔薇さま。名前は……ええと、たしか神社みたいな……そうそう、鳥居さん ...

【マリみてSS(三奈子×祐麒)】真夏のミラージュ <前編>

~ 真夏のミラージュ ~<前編>  つまらない。  毎日毎日、予備校通い。真夏の、殺人的な日差しの下、何が哀しくて予備校に通い詰めて勉強をしなくてはならないのか。  そして、たまに予備校が無いときだっ ...

【マリみてSS(由乃、祐麒他)】ぱられる! 2

~ ぱられる! ~    「ぱられる2  あの素晴らしいお約束を二度三度」   心地よいまどろみの中、祐麒は二度寝を堪能していた。すでに、けたたましく鳴る目覚まし時計の活動は停止している。「 ...

【マリみてSS(江利子×蓉子)】恋に落ちるとき

~ 恋に落ちるとき ~  薔薇の館で黙々と仕事をこなしていて、ふと気が付いた。  目の前で仕事をしている紅薔薇さまこと水野蓉子が、いつの間にか眠ってしまっていることに。  そのことに気が付くと江利子は ...

Copyright© マリア様の愛読書 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.