書評と主にマリア様がみてるの二次創作(旧:よしのXブレード)

マリア様の愛読書

SF 書評

【ブックレビュー】公正的戦闘規範(藤井太洋)

更新日:

【作品情報】
 作品名:公正的戦闘規範
 著者:藤井 太洋
 ページ数:335
 ジャンル:SF
 出版社:早川書房

 おススメ度 : ★★★★★★★☆☆☆
 未来を想起させる度 : ★★★★★★★★☆☆
 こういう人におススメ! : 近未来がどうなるか考えたりするのが好き

 

■作品について

デビュー長篇『Gene Mapper』のスピンオフとなる「コラボレーション」
近未来中国の対テロ戦争を描いた表題作、「公正的戦闘規範」
などなどを含んだ全5編の短編集。

■良かった点

SFというと苦手、敬遠してしまうという人も多いのではないだろうか。
しかし藤井さんの書くSFは比較的読みやすいと思う。
文体というのもあるだろうが、舞台を近未来にして、今よりちょっと技術が進んだらこうなるのではないか?
そう思わせるような世界を描いているから入りやすいのではないかと思う。
もちろん、本作もそのように仕上がっている。

5編の短編が収録されているが、それぞれ技術の進んだ方向というかが異なる。
いってみればバリエーションの異なる5つの未来世界が描かれており、そういう意味でも楽しめる。
ディストピア的な未来ではなく、あくまで技術の進化した世界。
でも、こういうのを読んでいると、身近にある技術や製品が、戦闘、殺りくに見事に使うこと出来るんだよなー、とか思ってしまいますね。
そういった意味で表題作、「公正的戦闘規範」、って。
戦闘に公正、規範ってねぇ。

分からない用語とかあってもあまり気にしなくても良いと思います。
それでも物語自体は楽しめるはず。
SFだからといって毛嫌いせず、まずは手に取ってみてはどうでしょう。
短編だから読みやすいですし。

■ここが改善できるともっとよかったかも?

短編だから仕方ないけれど、物語にぐっと入り込む感はどうしても長編より落ちる。
使われているガジェットとか、表現される世界が魅力的だと、余計にもっと読みたくなる。

 

公正的戦闘規範【電子書籍】[ 藤井 太洋 ]

価格:724円
(2019/5/11 19:55時点)
感想(0件)

公正的戦闘規範 (ハヤカワ文庫JA)

 

応援クリックいただけると幸いです。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

スポンサーリンク

アドセンス1

スポンサーリンク

アドセンス1

スポンサーリンク

-SF, 書評
-, , , ,

Copyright© マリア様の愛読書 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.