書評と主にマリア様がみてるの二次創作(旧:よしのXブレード)

マリア様の愛読書

エンタメ 書評

【ブックレビュー】フラッガーの方程式(著:浅倉秋成)

更新日:

【作品情報】
 作品名:フラッガーの方程式
 著者:浅倉 秋成
 ページ数:436
 ジャンル:エンタメ
 出版社:講談社

 おススメ度 : ★★★★★★★★☆☆
 こういう展開あるよねぇ度 : ★★★★★★★★☆☆
 こういう人におススメ! : 笑いと涙と伏線回収が好き

 

■作品について

何気ない会話や行動を「フラグ」として認識し、ありきたりな日常をドラマチックに変えてしまう謎の装置“フラッガーシステム”
そのフラッガーシステムのテスターとして選ばれた、ごく普通の男子高校生、東條涼一。
怪しいと思いつつも、憧れ女の子とドラマのような生活を過ごせるかもと甘い期待を抱いて受けてしまう。
そこからいきなり生活は一変。

両親が海外転勤したとおもったら、家出少女がやってきて同居する羽目に。
ツンデレのお嬢様やら厨二な少女と魔術研究・・・・
果たして望むルートに入ってハッピーエンドは迎えられるのか??

■良かった点

いわゆる「死亡フラグ」、「恋愛フラグ」といったフラグ。
アニメ、漫画、ゲームといったものではそれらがテンプレ的に使用されている。
分かっていながらも、お約束というものを多くの人は望んでいるわけである。

本作ではそんなフラグを現実世界に実現させてしまう「フラッガーシステム」により、物語の主人公となった少年の一か月間が描かれている。
まあメタな作品なわけである。

東條涼一が主人公としてテスターに選ばれたのも。

  • 名前がほどほどに格好良い
  • 帰宅部で交友関係が狭い
  • ツッコミ気質である

というラノベ的主人公な理由だというのだから。
実際、涼一は様々なツッコミを作品通じて行っていくわけであり、なかなか笑わせてくれる。
それだけに限らず、メタな設定、展開は、その手の漫画やアニメ、ゲームにある程度精通していれば楽しめること間違いない。

物語の展開も、主人公となった途端に両親が父親が海外赴任となり母親もついていって一人暮らしに。
と思ったら家出少女がやってきて同居(同棲?)する羽目に。
学校に行けば、ツンデレお嬢様な生徒会長に惚れられたり、魔術同好会なる怪しげな活動に参加する羽目になったり。
この辺もどこかで見たことあるような展開だが、涼一が望む方向には全く進まない。

というのも、涼一が好きな女の子は佐藤佳子さん。
まるでヒロインらしからぬ地味な名前で、際立った性質もないからだとダメ出しされる始末。
それでも、どうにか佐藤さんルートに入った涼一だったが、それはそれで思いがけない方向に進んで・・・・

作品全体を通してライトなノリ、ギャグでテンポよく読み進めさせてくれる。
それでいて、序盤から色々出されていた伏線が最後にはきっちり回収されていくのはなかなか見事。

読んでいて笑えて、でも終盤はシリアスな感じにもなってきてちょいとじーんときて、伏線回収では「あ、それが今ここで?」と思わされ、ラストも余韻よく。

そんな、楽しい作品でした。

■ここが改善できるともっとよかったかも?

このノリや、主人公である涼一のツッコミとか、そういうのについていけない人は辛いかもしれません。
あと、フラグとかいわれても良くわからない、という人が読んで面白いのかどうか?
そればかりは読んで貰わないと、という感じですね。

 

 

応援クリックいただけると幸いです。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

スポンサーリンク

アドセンス1

スポンサーリンク

アドセンス1

スポンサーリンク

-エンタメ, 書評
-, , , ,

Copyright© マリア様の愛読書 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.