ミステリー 書評

【ブックレビュー】十二人の死にたい子どもたち(著:冲方 丁)

更新日:

【作品情報】
 作品名:十二人の死にたい子どもたち
 著者:冲方 丁
 ページ数:404ページ
 ジャンル:ミステリー
 出版社:文藝春秋

 おススメ度 : ★★★★★☆☆☆☆☆
 死にたい度 : ★★★★★★☆☆☆☆
 こういう人におススメ! : 議論ジュブナイルが好み

 

■作品について

廃業した病院に集まった十二人の子供たち。
性格も、育ちも、まるでバラバラな子供たちだけれども共通点は一つ。
誰もが安楽死を望んでいること。

いざ全員が集まって決行に向かおうと思ったら、誰も知らない十三人目の子がいた。しかもその子は既に事切れている?
誰なのか? 自殺なのか他殺なのか? このまま決行しても良いのか?

子供たちは話し合い、決をとり、謎を解き明かしつつ結論に向かう。
果たして彼らが辿り着いた結論は??

■良かった点

閉鎖された空間。
それぞれ異なる事情を抱えた者たちが議論を繰り広げる。
なぜ、自殺をしようとするのか?
十三人目の子は殺されたのか、自殺なのか。誰がその子を運び込んだのか?
ここで自殺をするべきなのか、そうじゃないのか?
そういった議論を楽しむ群像劇としての楽しさがある。

誰もが一筋縄ではいかない子ばかり。
他の人の目から見ると、考えの足りない子、単にヒステリックにしか見えない子、自分勝手な子。
それが実際にその子の視点になると、また違う考えだったり、外から見るのとは違う子だったり。
そういう意外性も感じられる。
各人の自殺の理由もバラエティに富んでおり、色々な立場、色々な想いを持った子供たちなので、それらの対比という点でも面白い。

ラストも嫌な終わり方ではなく、読後感は良い。
集合して議論が始まってからの方が当たり前だけど面白いです。

■ここが改善できるともっとよかったかも?

まずミステリーとしての期待は持たない方がよいかも? 色々とあるんだけど、そこは重要でないというか。
あと、子供たちの性格が結構、嫌な子もいるので。
まあ、十二人いたら、そういう子もいないとってのはありますけれど。

 

十二人の死にたい子どもたち【電子書籍】[ 冲方丁 ]

価格:1,300円
(2018/9/8 09:47時点)
感想(1件)

 

応援クリックいただけると幸いです。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

スポンサーリンク

アドセンス1

スポンサーリンク

アドセンス1

スポンサーリンク

-ミステリー, 書評
-, , ,

Copyright© マリア様の愛読書 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。