書評と主にマリア様がみてるの二次創作(旧:よしのXブレード)

マリア様の愛読書

漫画等の紹介・考察

竹内友氏の『ボールルームへようこそ』10巻の感想。釘宮の鬼気迫るダンスへの思いに圧倒される!

投稿日:

 

こんにちは、神門です。

自分とは縁遠いだろうなぁ、と思う世界は沢山あります。

だけど、例えばプロ野球選手になんかなれないけれど、試合はよくみるので近く感じたり。

そういうものは沢山あります。

それでも、そういうものですらないものもあります。

ダンスの世界とか結構そうだよなーと思いますが、そんな出すスポーツの世界を熱く描いた「ボールルームへようこそ」の10巻が発売されました!

 

作品情報

ボールルームへようこそ(10) (月刊少年マガジンコミックス)

作品名 ボールルームへようこそ
著者 竹内友
出版社 講談社
紹介対象の巻 10巻
ジャンル ダンス、青春

 

作品の感想

前巻、9巻が発売されてから2年強ですか。

いやー、待ちましたね。

待ちますよ。

 

今回は、多々良が参戦している市民大会の後半戦。

「優勝できなきゃカップル解散」を条件のもと、千夏とともに奮闘する多々良。

ともにというか、暴れ馬っぷりの千夏をどうにかこうにかしてリードしながら徐々に合っていく二人の様子が描かれます。

多々良だけではない、千夏も新たな扉を開いて次のステージに入っていく瞬間。

自分は”そこそこ”の選手だと悟ってしまい、ダンスから離れていた千夏。

でも、それを多々良は”そんなことはない”といいます。

それを証明するかのようなダンスを見せる二人。

Wリーダーの強みを活かしたダイナミックなダンスが徐々に審査員を、観客を、魅了していきます。

 

「ボールルームへようこそ」 10巻 竹内友/講談社より 引用

 

とまあ、多々良と千夏のコンビもそうなのですが!

今巻に関して言えばもう、釘宮さんですよ!

なぜ、彼が少しひねくれた性格になってしまったのか、その過去が描かれています。

苦しんできた釘宮。

それでもなお、ダンスから離れられず、ダンスに戻ってきた釘宮。

彼はダンスをこう称します。

「ボールルームへようこそ」 10巻 竹内友/講談社より 引用

 

地獄だ

と。

それでも、そんな地獄に戻ってきてしまう、戻ってくるしかないと言い切る釘宮。

どんな思いが、どんな気持ちが彼の胸の内にあるのか、本当に分かることはできません。

わかるのは、それほどのものがダンスにはあるということ。

地獄を抱えて生きるしかないと言い切る釘宮のダンスの執念、凄さに圧倒されます。

 

正統派の釘宮カップル。

Wリーダーで異彩を放つ多々良と千夏のカップル。

 

果たして、勝利するのは?

次の11巻、早く出て欲しいですが、作者に無理もして欲しくない。

待つしかない!

 

スポンサーリンク

アドセンス1

スポンサーリンク

アドセンス1

スポンサーリンク

-漫画等の紹介・考察
-, , ,

Copyright© マリア様の愛読書 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.