書評と主にマリア様がみてるの二次創作(旧:よしのXブレード)

マリア様の愛読書

https://bookmaria.com

漫画等の紹介・考察

『2.5次元の誘惑』7巻の感想。4人で参加の夏コミでのアクシデント、ノノアが熱い!

更新日:

 

こんにちは、神門です。

コスプレ界を舞台にエッチでハーレムなラブコメ、と思いきや、熱き少年漫画の展開を見せる漫画。

それがこの『2.5次元の誘惑』です。

4巻の感想を上げてから5-6巻と飛ばしてしまっていましたが、7巻が発売されましたのでちょいとまとめて感想UPです!

 

橋本悠氏『2.5次元の誘惑』2巻感想。エロだけに非ず。コスプレ&キャラ愛の溢れた作品

  こんにちは、神門です。 可愛い女の子 コスプレ ラブコメ そんな文字にピンと来た方にお送りする(?)作品、「2.5次元の誘惑」2巻の感想です。   作品情報 作品名 2.5次元 ...

続きを見る

橋本悠氏の『2.5次元の誘惑』3巻感想。素敵な先生と新たなライバル登場で熱くなる物語

  こんにちは、神門です。 コスプレの世界は詳しくありませんが、漫画などの作品で読んで楽しんでいたりはします。 そんなコスプレを素材にした作品は色々とあると思いますが、今、熱いのは「2.5次 ...

続きを見る

少年漫画らしい熱い展開に燃える!『2.5次元の誘惑』4巻の感想

  こんにちは、神門です。 「2.5次元の誘惑」、タイトルと表紙の絵だけで、「萌え系」、「オタク系」などと決めつけて読んでいない方とかいませんか? 本作はれっきとした少年漫画らしい熱い展開の ...

続きを見る

 

作品情報

作品名 2.5次元の誘惑
著者 橋本 悠
出版社 集英社
紹介対象の巻 7巻(主に)
ジャンル ちょっとエッチなコスプレラブコメ

 

作品の感想

4巻では、プロのコスプレイヤーである753とのコスプレ対決(?)を繰り広げたりりさ。

いや、別にどちらが上とかマウントを取るわけではない。

コスプレに対する考えやスタンスは千差万別、どれが優れているかとか劣っているかとかではない。

それぞれが、それぞれの考えのもとにコスプレをして、コスプレを楽しんでいるということ。

753の良さ、というか基本的に根はオタクで素直で良い子なんですね、というのが分かって良かった。

そして753とも競演したコスプレイベントに参加したことで、新たな展開となります。

 

コスプレ界では有名な伝説のカメラおじさんから、

『次に来る! 5人の新星レイヤー』のうちの1人としてりりさが紹介されたのです。

りりさがランクインしたのは5位。

そして4位にランクインしたのが氷の美少女コスプレイヤー、NONOA(ノノア)

次のイベントでノノアと競演してノノアとも友達になると、更にそのイベントをきっかけとして更なるコスプレイヤー、アリアとも知り合い、コスプレをするようになります。

ということで、この7巻まで来ることで、りりさのコスプレパーティともいうべき仲間が勢揃いしたのではないでしょうか?

4人パーティのメンバーも、

  • リリサオタクでコスプレ大好き。リリエルになりたいからリリエルのコスプレをする
  • 美花莉人気モデル。オタクではないしコスプレに興味もなかったが奥村のためにコスプレをする
  • ノノアオタクでコミュ障。コスプレは好きだが、自分を変えるための手段的なところが強い
  • アリアギャルでオタクではない。理由があって人気コスプレイヤーになりたい

 

オタク組が2人、非オタク組が2人で、コスプレに対するスタンスも理由も全員が異なりバラエティに富んでいます。

同じコスプレをする仲間でも、こうやって区別化されていると良いですね。

読者も、誰かは好きになるのではないかと思います。

というか、基本的にみんな良い子なのでみんな好きになるかも。

タイプの異なる4人のほのぼの一幕(?)

「2.5次元の誘惑」 7巻 橋本 悠/集英社より 引用

 

最新の7巻では、6巻で登場し仲間になったアリアが当然ながらお話のメイン。

このアリアもなかなか良いキャラをしています。

ギャルだけれど、男子(奥村)のいる場所での着替えは恥ずかしくて出来ないという、まともな神経の持ち主!

というかオタクじゃないので、オタクのノリとは明らかに違うのが、リリサやノノアとの差が顕著に見られて面白い。

 

ギャルの陽キャでリリサたちとは(特にノノアとは)真逆で合わなさそうだけれど、オタクに偏見があるわけではなく、むしろ理解して歩み寄ってくる。

無造作に距離を近づけてくるように見えて、実はその辺の距離感も図っている。

今まで色々な人と接してきたからこそのスキルで、ノノアもその辺に感心したりします。

何も考えずにいるわけではなく、色々と考えた上でリリサ達とも接していることが分かります。

そして、そんなアリアがコスプレをしたいと熱く思う理由。

アリアの真意を知ったリリサ達は、全力でアリアを応援し、夏コミで一番に目だってやろうと気合を入れます。

いざ、仲間とともに夏コミに!

「2.5次元の誘惑」 7巻 橋本 悠/集英社より 引用

 

無事にコスプレ衣装も完成し、いよいよ最大のイベント、夏コミへの参戦となります。

夏コミには、『次に来る! 5人の新星レイヤー』の2位&3位の双子も登場!

この二人とも絡みはありますが、本格的な絡みはこれからになるのですかね?

悪い子達ではないですし、一人は・・・なので、そういう意味でも楽しみです。

 

で、満を持して四人で組んだ「天使空挺隊」のユニット。

『次に来る! 5人の新星レイヤー』の4位と5位で注目を浴びている二人に加えて、人気モデルのみかりんが宣伝をしたこともあってそれなりに注目を浴びますが・・・・

今巻では、「併せ」についての注意点というか、そういうところを説明もしてくれます。

それを読むと、なるほどなぁと思わせてくれて、大勢というのは目立つ部分もあるけれど、大変なところも色々あるのだなと理解させてくれます。

更に夏コミの敵でもある暑さ。

初日、リリサ達は思うような結果を残すことが出来ず、リリサは一人で責任を背負い込もうとします。

そんなリリサに対する仲間、特にノノアが熱い!

少年漫画だわぁ、と思わせてくれる一幕。

そして、引きこもりコミュ障だったノノアがこんなにも成長して・・・とも思います。

一人で責任を背負い込もうとするリリサに対し、ノノアが言う・・・!

「2.5次元の誘惑」 7巻 橋本 悠/集英社より 引用

 

  • アリアが抱えていた秘密と悩み
  • それに対する一つの答えを見つけ出した奥村
  • アリアに協力するリリサ達

7巻になっても、熱い少年漫画のノリは失われていません!

もちろん、可愛い女の子たちのサービスシーンも沢山。

さてさて、アリアの問題の結末は?

早く8巻よこい!

 

 

スポンサーリンク

アドセンス1

スポンサーリンク

アドセンス1

スポンサーリンク

-漫画等の紹介・考察
-, ,

Copyright© マリア様の愛読書 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.