書評と主にマリア様がみてるの二次創作(旧:よしのXブレード)

マリア様の愛読書

https://bookmaria.com

エンタメ 書評

【ブックレビュー】ゲーム部はじめました。(著:浜口倫太郎)

更新日:

【作品情報】
 作品名:ゲーム部はじめました。
 著者:浜口 倫太郎
 ページ数:336
 ジャンル:エンタメ
 出版社:講談社

 おススメ度 : ★★★★★★☆☆☆☆
 べたな設定、展開度 : ★★★★★★★★★☆
 こういう人におススメ! : 安定したエンタメ作品が好き

■作品について

スポーツ強豪校の星海学園の高校一年生、七瀬遊は身体が弱く運動ができない。
運動部のマネジャーにも気が進まない中、不思議なイラストが描かれた
「ゲーム部」の勧誘チラシを発見する。
部員5人を1ヵ月以内に集めなければ部の設立は不可!?
ゲーム甲子園で優勝しなければ廃部!?
苦難を仲間と乗り越えられたなら、それは青春だ。

■良かった点

なんというかもう、全てがベタ!
スポーツ強豪校で文科系のクラブは肩身の狭い思いをしている星海学園。
学園に通う主人公の七瀬遊は体が弱く、どの部活に所属するべきか迷っているところ、”ゲーム部”と出会う。
ところが”ゲーム部”とは名ばかり、所属しているのは一人の同好会で、部員を五人集めないと消滅してしまうという。
ゲーム部を立ち上げた少女、くるみに惹かれた遊は、ゲーム部に所属して仲間を集め始める。

なんとか5人に達して部に昇格するも、部の存続条件として全国大会に出場すること。駄目だった場合は廃部になるという。
プロゲーマーを目指している成道といった部員達と力を合わせ、強豪校に挑む!
体の弱い遊は幼い頃からピアノをやっており、ピアノの指さばきがゲームの操作に役立つ能力となり、めきめきと実力をあげていざゲーム甲子園に!

書いていても、なんというかまあどこかで見たような設定や物語の流れである。
が、ベタだからこそ安心して読めるというのもある。
期待を外さない展開に、やっぱりなと思いつつも安心して読み進めてしまったり。
体が弱くてスポーツを諦めざるを得なかった遊がゲーム(eスポーツ)にはまり熱中。
仲間たちと力をあわせて強敵に挑むというド直球。

講談社タイガというレーベル的に、対象年齢層は若い人メインだろうから、それはそれでよい。
ライトにさらっと、あっという間にラストまで読めちゃいます。

■ここが改善できるともっとよかったかも?

母親の件は必要だったのか。
安易に人を亡くならせるのはどうかと思うのだが。

 

 

応援クリックいただけると幸いです。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

アドセンス1

スポンサーリンク

アドセンス1

スポンサーリンク

fam8インフィード広告2×4+5連

-エンタメ, 書評
-, , , , ,

Copyright© マリア様の愛読書 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.