書評と主にマリア様がみてるの二次創作(旧:よしのXブレード)

マリア様の愛読書

ミステリー 書評

【ブックレビュー】七つの海を照らす星(著:七河迦南)

更新日:

【作品情報】
 作品名:七つの海を照らす星
 著者:七河 迦南
 ページ数:308
 ジャンル:ミステリー
 出版社:東京創元社

 おススメ度 : ★★★★★★★☆☆☆
 物語のつながり度 : ★★★★★★★☆☆☆
 こういう人におススメ! : 一気読み系のミステリーが読みたい

 

■作品について

児童養護施設「七海学園」。
ここでは学園七不思議が生徒達の間で話されていて、それは現在進行形で学園に謎を与えていた。
そんな、学園にまつわる謎をめぐる物語。

■良かった点

いわゆる「日常の謎」を取り扱った短編集。
その謎というのは、学園七不思議としてありそうなもの。
トンネルの中から声が聞こえてくるとか、そこにいたはずの女の子が忽然と姿を消したりとか。
一つ一つの謎は物凄く大きいというものではない。
でも、この作品の良いところは、短編それぞれに謎が与えられて解決しつつ、物語全体の伏線が各所に散らばらされている。
それらが最終章になると一つにつながり、新たな景色が見えるというもの。
連作短編としてよくある手法ではあるが、とても綺麗にまとまっていて、最後で「ああ」と思わせてくれる。

過去と未来を行ったり来たりしながら、言い伝わってきた謎を解くのも良い感じ。
読んでいての気分も良いもので、なんというか、希望がある。
舞台が児童養護施設だけに、色々とあるのだが、問題ばかりではないというのが良い。

読んでいてあったまるというか、良かったー、と思って終われる。
日常の謎系だけど、読後の余韻が心地よいのはなかなか珍しいと感じた。
そんな作品。

■ここが改善できるともっとよかったかも?

物凄い衝撃を受けるとか、そういうものではないですよ。
そういうのを求める作品ではないですが。

 

七つの海を照らす星 〈七海学園〉シリーズ (創元推理文庫)

七つの海を照らす星【電子書籍】[ 七河迦南 ]

価格:850円
(2019/6/20 10:50時点)
感想(0件)

 

応援クリックいただけると幸いです。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

スポンサーリンク

アドセンス1

スポンサーリンク

アドセンス1

スポンサーリンク

-ミステリー, 書評
-, , , ,

Copyright© マリア様の愛読書 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.