書評と主にマリア様がみてるの二次創作(旧:よしのXブレード)

マリア様の愛読書

エンタメ ミステリー 書評

【ブックレビュー】滅びの掟―密室忍法帖(著:安萬 純一)

更新日:

【作品情報】
 作品名:滅びの掟―密室忍法帖
 著者:安萬 純一
 ページ数:360
 ジャンル:エンタメ、ミステリー
 出版社:南雲堂

 おススメ度 : ★★★★★★★☆☆☆
 バカミス度 : ★★★★★★★☆☆☆
 こういう人におススメ! :忍法帳が好きでミステリーも好きという人 

 

■作品について

伊賀の忍びの里に服部半蔵から新たな指令がおりる。
それは、五人の甲賀忍者を殺害すること。
指名された五人の伊賀忍者は甲賀の里に向かうが、五人が去った後の里では次々と村人立ちが殺される事件が起きていた。
伊賀vs甲賀の忍者たちの戦いの行く末は。
そして、この戦いの背後にあるものとは?

■良かった点

忍者バトルでミステリー!
というとなんともですが、なかなか面白くできています。

まずは5vs5の忍者の戦い。
それぞれの忍者は当然ですが特色があり、特技を活かしてバトルに向かいます。
忍法は、滅茶苦茶なものというほどではなく、普通に体術とか手裏剣、騙し合いといった感じで、トンデモ忍法合戦というわけではありません。多分。
その忍者同士のバトル、どのようにして殺害したのか、誰が本当の敵なのか、とかそういったミステリー要素が強い。
もちろん忍法なんである意味バカミスっぽくはあるのですが、まあそれはそういうものとして楽しめる。

伊賀側を主人公として描いており、主人公は塔七郎なのだが、塔七郎自体はこの戦いの真の目的はなんだろう?
という裏をあかす方に力を入れていて、甲賀忍者との戦いは殆どしません。
というか、まともに戦っていたのは最年長の五郎兵衛くらいじゃなかったかな。。。
バトル面では五郎兵衛一人が獅子奮迅の活躍でした。

バトルの一方では、伊賀の里で発生する村人の殺害事件。
手練れの忍者たちが次々と殺されていく。
犯人は?
その真意は?

5vs5のバトルとともに、その裏にも迫っていく。
もちろんフィクションではあるのだが、最後の方には歴史の史実にもちょっとつながるような展開をみせているのは、なかなか面白い。
とはいえ、基本的には娯楽作品。
肩ひじ張らず、本格ミステリーを解くぞとも気張らず、楽しんで読みましょう。

■ここが改善できるともっとよかったかも?

サブタイトル、「密室忍法帳」ってなんだ?
これは不要だったかな。。。

 

 

応援クリックいただけると幸いです。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

スポンサーリンク

アドセンス1

スポンサーリンク

アドセンス1

スポンサーリンク

-エンタメ, ミステリー, 書評
-, , , , ,

Copyright© マリア様の愛読書 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.