書評と主にマリア様がみてるの二次創作(旧:よしのXブレード)

マリア様の愛読書

http://bookmaria.com

ミステリー 書評

【ブックレビュー】廃遊園地の殺人(著:斜線堂有紀)

更新日:

【作品情報】
 作品名:廃遊園地の殺人
 著者:斜線堂 有紀
 ページ数:360
 ジャンル:ミステリー
 出版社:実業之日本社

 おススメ度 : ★★★★★★☆☆☆☆
 設定の魅力度 : ★★★★★★★☆☆☆
 こういう人におススメ! : 廃墟ミステリー好き

■作品について

プレオープン中に起きた銃乱射事件のため閉園に追い込まれたテーマパーク・イリュジオンランド。
廃墟コレクターの資産家・十嶋庵(としまいおり)はかつての夢の国を二十年ぶりに解き放つ。
狭き門をくぐり抜け、廃遊園地へと招かれた廃墟マニアのコンビニ店員・眞上永太郎(まがみえいたろう)を待っていたのは、『このイリュジオンランドは、宝を見つけたものに譲る』という十嶋からの伝言だった。
それぞれに因縁を抱えた招待客たちは宝探しをはじめるが、翌朝串刺しになった血まみれの着ぐるみが見つかる。
止まらない殺人、見つからない犯人、最後に真実を見つけ出すのは……

■良かった点

かつて凄惨な事件が発生し、オープンすることなく廃園となった遊園地。
二十年ぶりに、廃遊園地となったその地に招かれた人々。
そこで行われる宝探し、そして殺人事件。
設定としては、かつて何が起きたのか? これから何が起きるのか? なぜ、集められたのか?
そういう魅力的なものが詰め込まれている・・・と、思う。
ミステリ―としても、サスペンスとしても、どちらでもいける素地がある。

のだが、肝心の物語進行がなんとも読んでいて興をそそられなかった。
その一つの理由に、主人公の魅力のなさがあるのではないかと思った。
主人公の眞上永太郎は廃墟マニアのコンビニ店員。
彼がなんとも覇気がなく、セリフもやたらと「・・・」ばかりが多いせいか陰鬱で、スピーディに読み進められない。
その割には微妙に頭が冴えていて。
殺人事件が発生して、積極的に事件に関わるわけでもなく、かといって積極的に警察に連絡しようとするわけでもなく。
なんとなく雰囲気に流されている感じ。
そういう主人公が全て悪いというわけではないけれど、個人的には合わなかった。
死体とかにも平然としてるし、本当にただのコンビニ店員? って。

そのためか、殺人の謎解きとか、過去に発生した事件の真相とか、なんか頭に入ってこなかった。

■ここが改善できるともっとよかったかも?

後だし設定はしらけるからやめた方がいい。
実はこの人は〇〇〇だった、とか、知らんがな。

 

 

応援クリックいただけると幸いです。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

アドセンス1

スポンサーリンク

アドセンス1

スポンサーリンク

fam8インフィード広告2×4+5連

-ミステリー, 書評
-, , , , ,

Copyright© マリア様の愛読書 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.