「志摩子」 一覧

スポンサーリンク

【マリみてSS(志摩子×静×真紀×祐麒)】先生と先輩と同級生

~ 先生と先輩と同級生 ~    リリアンに通い始めてから一週間ほどが経過した。大勢の女子の中で僅かな男子生徒という状況にはいまだ慣れないものの、学園生活に大きな問題はなく、順調に過ごせてい ...

【マリみてSS(志摩子×静×真紀×祐麒)】第三勢力

~ 第三勢力 ~    リリアンにおける初日はどうにか終えることが出来たものの、最初から道を間違えて遅刻しそうになるわ、変な上級生が上から落ちてきて下敷きになるわ、クラス委員に選ばれるわと様 ...

【マリみてSS(志摩子×静×真紀×祐麒)】開演の歌

~ 開演の歌 ~     「うおおおおおおおっ、しまった、いきなり間違えるとか、俺は馬鹿か!?」  ダッシュしながら叫ぶとかどう考えても効率が悪いというか、明らかに呼吸が苦しくなる ...

【マリみてSS(祐麒×志摩子)】違う私

~ 違う私 ~      母が、長電話をしている。  夕食を終え、居間でのんびりとテレビなんかを眺めている時間帯。家はお寺だけど、普通にテレビはあるし、父は意外と俗なテレビ番組も好 ...

【マリみてSS(祐麒×志摩子)】ホワイトプリンセス・ナイト <エピローグ>

~ ホワイトプリンセス・ナイト ~ エピローグ    祐麒さんと遊びに行った日の次の週。  薔薇の館では、いつものように山百合会の仕事をこなし、合間に紅茶を飲みながら談笑する皆の姿があった。 ...

【マリみてSS(祐麒×志摩子)】ホワイトプリンセス・ナイト <その5>

~ ホワイトプリンセス・ナイト ~<その5>    夜の帳はまだおりていない。  それでも確実に、夜は近づいてきている。それは即ち、終わりの時が近づいてきている証拠。夢の国で過ごす夢の時間の ...

【マリみてSS(祐麒×志摩子)】ホワイトプリンセス・ナイト <その4>

~ ホワイトプリンセス・ナイト ~<その4>    午後になると、人の賑わいは更に増したように感じられた。相変わらず天気はあまりよくなかったけれど、気候的には丁度よいかもしれない。  私と祐 ...

【マリみてSS(祐麒×志摩子)】ホワイトプリンセス・ナイト <その3>

  ~ ホワイトプリンセス・ナイト ~<その3>    祐麒さんとの約束を控え、私は乃梨子と一緒に街に買い物に出かけていた。買い物の目的は、洋服。普段、活動的でない私は、アクティブ ...

【マリみてSS(祐麒×志摩子)】ホワイトプリンセス・ナイト <その2>

~ ホワイトプリンセス・ナイト ~<その2>   「ごきげんよう」 「ごきげんよう」  朝のすがすがしい空気に、生徒達のさわやかな挨拶がこだまする。学園祭を近くに控え、リリアン女学園内も日に ...

【マリみてSS(祐麒×志摩子)】ホワイトプリンセス・ナイト <その1>

   出会いは、秋の初め、いや、夏の終わりだったのか。  どちらにせよ、銀杏の葉が色づき、実が落ちるにはまだ微妙に早い季節。学園祭の準備に伴う打ち合わせという、事務的な会合の中で、彼の人とは ...

Copyright© マリア様の愛読書 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.