ミステリー 書評

【ブックレビュー】罪びとの手(著:天祢 涼)

更新日:

【作品情報】
 作品名:罪びとの手
 著者:天祢 涼
 ページ数:272ページ
 ジャンル:ミステリー
 出版社:KADOKAWA

 おススメ度 : ★★★★★★☆☆☆☆
 伏線収束度 : ★★★★★★★☆☆☆
 こういう人におススメ! : 人の思いの交錯するミステリーが好き

 

■作品について

とある廃ビルで見つかった死体。
その遺体を引き取りに来た葬儀屋が言うには「これは自分の父親だ」とのこと。
そのような偶然があるのか。
本当にその死体は葬儀屋の父親なのか。なぜ、死んでいたのか。誰が殺したのか。
警察と葬儀屋の思いが交錯するミステリー。

■良かった点

葬儀屋として何を重要だと考えるのか。
刑事として何を最重視するのか。

葬儀屋の御木本悠司は引き取りにいった遺体は父親だという。
しかし、実の兄である昇一はその遺体に違和感を抱く。
確かに見る限りは父親なのだが、どうしても父親だと思えない。
事故死だと処理されたその死体に納得が出来ず、一人殺人事件だと考えて捜査をする滝沢は、その昇一の証言に飛びつき、さらに捜査を進めていく。
捜査をするほどに違和感が積もっていくが、なぜ、そのような状況となったのかが説明つかない。
全ては悠司が握っているように思えるが、悠司が何を考えているのかが全く分からない。
読み手としても、どういうことなのだろうかと、滝沢と同じような思いを抱くことだろう。

複数の謎が提示され、捜査を続けていくことで新たな事実が明らかになり、謎が一つずつとけていく過程はまずまず。
だがそれ以上に、悠司が何を考えて様々な言動をしていたのか。
そこには、父親への思いとそれ以上に葬儀屋としての思いが詰まっていた。
それが明らかになるラストでは、滝沢の刑事としての思いも交錯していく。
二つの異なる立場からの思いが重なってのラストは、だからこそ心地よい終わり方になったのだろう。
それぞれが、それぞれで出来ることをやったから。

トリック云々というよりも、そういった人の心を解き明かすミステリーだった。

■ここが改善できるともっとよかったかも?

ミステリーのトリックとして、それを使っちゃダメだろう! というネタになってしまっている。
それまでそういった伏線とかもなかったし。
まあ、ミステリーは重要視していなかった作品だと思うけれど。

 

罪びとの手【電子書籍】[ 天祢 涼 ]

価格:1,728円
(2018/8/5 12:04時点)
感想(0件)

 

応援クリックいただけると幸いです。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

スポンサーリンク

アドセンス1

スポンサーリンク

アドセンス1

スポンサーリンク

-ミステリー, 書評
-, , ,

Copyright© マリア様の愛読書 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。