書評と主にマリア様がみてるの二次創作(旧:よしのXブレード)

マリア様の愛読書

http://bookmaria.com

SF 書評

【ブックレビュー】三体III 死神永生 下(著:劉 慈欣)

更新日:

【作品情報】
 作品名:三体III 死神永生 下
 著者:劉 慈欣
 ページ数:448
 ジャンル:SF
 出版社:早川書房

 おススメ度 : ★★★★★★★★★☆
 センスオブワンダー度 : ★★★★★★★★★☆
 こういう人におススメ! : 壮大なエンタメSF作品を楽しみたい全ての人に

■作品について

帰還命令にそむいて逃亡した地球連邦艦隊の宇宙戦艦〈藍色空間〉は、それを追う新造艦の〈万有引力〉とともに太陽系から離脱。
茫漠たる宇宙空間で、高次元空間の名残りとおぼしき“四次元のかけら"に遭遇する。
〈万有引力〉に乗り組む宇宙論研究者の関一帆は、その体験から、この宇宙の“巨大で暗い秘密"を看破する……。
一方、程心(チェン・シン)は、雲天明(ユン・ティエンミン)にプレゼントされた星から巨額の資産を得ることに。
補佐役に志願した艾AA(アイ・エイエイ)のすすめで設立した新会社は、数年のうちに宇宙建設業界の巨大企業に成長。
人工冬眠から目覚めた程心は、羅輯(ルオ・ジー)にかわる二代目の執剣者(ソードホルダー)に選出される。
それは、地球文明と三体文明、二つの世界の命運をその手に握る立場だった……。

■良かった点

とうとう完結しました!
まずは・・・なんといったらよいのか。

上巻にて太陽系に対する暗黒森林攻撃が発動され、その対応に迫られた人類。
そこの送られてきた、雲天明からのメッセージともいえる3つの「おとぎ話」
人類はその「おとぎ話」から、雲天明が伝えたかったことを解読してなんとか暗黒森林攻撃を避ける対応を取ろうとする。

考えられた3つの計画のうち、実行可能と捉えられて推進されていく計画。
そして実際に人類に襲い来る暗黒森林攻撃と、その結末。

いやー、なんというか、想像できない展開にもっていきますね!
物理、科学知識に疎いんで、想像できるわけもないのですが、それでも、「そんなこと!?」と思わせられる展開はさすがとしかいいようがない。
まさか暗黒森林攻撃が、あんな攻撃とはね。。。

もちろん暗黒森林攻撃だけでなく、それに対する防衛手段とか、まさになんでもありのエンタメSF!
色々言うとネタバレになってしまいますが、容赦ないというか、必ずしもなんとかなるわけではないところ。
単なるハッピーエンドで終わらせない展開がね。
様々な登場人物がいますが、誰もがみな、望んだ展開になっているわけではない。
希望が打ち砕かれたり、望まぬ方向に進んだり、叶うと思わせて叶わなかったり。

物理、科学だけでなく、愛とか人の思いとかそういうロマンティックな部分にも踏み込んで描き。
一方で太陽系に留まらず、三体世界に留まらず、全宇宙スケールで描かれる壮大さ。
第一部の地球上のごく一部で起きていたような物事が、二部、三部と一気にスケールアップして縮小していかないのも凄い。
最後はもう、訳分からなくなる感じ(笑)
一部、二部はエンタメ色の方が強いけれど、三部になるともうSF色の方が強くなっていってバンバン前面に押し出されて。
読みながら、そういうもんなのかー、と納得させながら読むしかない。
だってそうとしか想像できないから。

シリーズ通して、その巻の序盤から中盤までは結構、ゆっくりと進むというか、読み手としてゆっくり読み進めていたのに、中盤から後半にかけて急展開、怒涛の展開で一気に最後まで読ませていく。
その、勢いというかジェットコースターのような加速度っぷりは凄いなと思わせられる。

荒唐無稽とも思えるアイディアが物語上で展開されるけれど、それを読みながら納得させられるような、圧倒されるようなパワーがある。
だからこそ面白いわけで。

とにかくシリーズ通して読んで損はない。
そんな作品でした。
ありがとうございました。

■ここが改善できるともっとよかったかも?

三部作通して楽しませていただきました。
通して振り返ってみると、二部の「黒暗森林」がドカーンとやられた感じでした。
夢小説の展開は置いておいて(笑)、やっぱりあの面壁計画から暗黒森林の流れは凄かった。

世界中で読まれ、楽しまれる作品だということに納得の三部作でした。

 

 

応援クリックいただけると幸いです。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

スポンサーリンク

アドセンス1

スポンサーリンク

アドセンス1

スポンサーリンク

-SF, 書評
-, , , , ,

Copyright© マリア様の愛読書 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.