書評と主にマリア様がみてるの二次創作(旧:よしのXブレード)

マリア様の愛読書

SF 書評

【ブックレビュー】トータル・リコール ディック短篇傑作選(著:フィリップ・K・ディック)

更新日:

【作品情報】
 作品名:トータル・リコール ディック短篇傑作選
 著者:フィリップ・K・ディック
 ページ数:448
 ジャンル:SF
 出版社:早川書房

 おススメ度 : ★★★★★★★☆☆☆
 現実崩壊感度 : ★★★★★★★☆☆☆
 こういう人におススメ! : とりあえずディック作品を読んでみたい人

 

■作品について

色々な作品が映像化されているSF作家、フィリップ・K・ディック
「トータル・リコール」「マイノリティ・リポート」など既に刊行されていた作品に加え、今まで収録されていなかった初訳作品も含んだ短編集。
ディックの世界に入り込める、10の作品が収録されている。

■良かった点

ディックの作品は短編の方がキレがある。
そういう風な評もありますよね。

「トータル・リコール」
「マイノリティ・リポート」

などは数十ページの短い作品ですが、一本の長編映画になるのは、それだけ想像させるものがあるということ。

■「トータル・リコール」

火星に行くことを夢見ている男、クウェール。
実際に火星に行くことなど敵わない彼は、せめてそれに近い体験をしようとリコール社を訪れて火星旅行の記憶を得ようとするのだが、そこで明らかになる意外な事実。
何が現実で何が非現実なのか。
まさにディックらしさの詰まった一作であり、ラストのオチもそういうもの。
映画版て、こういう話だったのか、もう一度観たくなる。

■「マイノリティ・リポート」

犯罪予知が可能となり、殺人などもはや発生しなくなった未来の世界。
そんな犯罪予防局の局長であるアンダートンは、自分が殺人者となる予知を受けて追われる身となる。
なぜ、どうしてそんな余地が出てしまったのか。
逃げながら真実を追いかける、短いながらも濃度の高いサスペンス。

やはり映画化されただけあって、この2本は読んでいても楽しみやすい。
「地球防衛軍」とか「ミスター・スペースシップ」とかも個人的には好き。

長編の方が、より現実崩壊感を味わえるが、短編は短編で味があるし読み切りやすい。
ディックの作品として手に取りやすい一冊。

■ここが改善できるともっとよかったかも?

初訳の作品は・・・・まあ、悪くはないけれど特別によくもないっていう感じかなぁ。
人の好みにはよると思いますけれど。

 

トータル・リコール【電子書籍】[ フィリップ K ディック ]

価格:734円
(2020/1/11 13:14時点)
感想(0件)

トータル・リコール ディック短篇傑作選

 

応援クリックいただけると幸いです。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

スポンサーリンク

アドセンス1

スポンサーリンク

アドセンス1

スポンサーリンク

-SF, 書評
-, , , ,

Copyright© マリア様の愛読書 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.