SF エンタメ 書評

【ブックレビュー】SFまで10000光年(著:水玉 螢之丞)

更新日:

【作品情報】
 作品名:SFまで10000光年
 著者:水玉 螢之丞
 ページ数:239
 ジャンル:SF
 出版社:早川書房

 おススメ度 : ★★★★★★★★★☆
 素敵サブカル度 : ★★★★★★★★☆☆
 こういう人におススメ! : SF+90年代オタク文化!

 

■作品について

2014年に亡くなられた水玉 螢之丞さんがSFマガジンに寄稿していたエッセイを取りまとめた一冊。
SFへの愛、サブカルチャーへの愛、水玉さんらしさがぎっしりと詰まっている。

■良かった点

水玉 螢之丞さんといえばイラストレーターであり、エッセイストでもあり、漫画家でもありというイメージ。
あの絵柄と、書きこまれた文字は、ぱっと見れば「水玉さんだ!」と分かる。
私自身は、PCエンジンの雑誌で「電撃水玉えんじん」に非常に親しんできた。
だから、彼女が亡くなられたと聞いた時は「えっ!?」という衝撃に貫かれたものである。

そんな彼女の作品は、なかなか一冊の本にしづらいというのもあったのだろう。
亡くなられたからまとめられたのかもしれないが、それでも本になって手元に持てるというのはありがたいものである。
内容はもう、これぞ水玉先生! というくらいぎっしり、みっちり、1ページに色々な情報が詰め込まれている。
SFマガジンのエッセイだから当然ながらSFが主ではあるのだが、それだけではなく色々なサブカルやなんかにも造詣が深いことがよくわかる。
というか、幅が広いな!
書かれている内容すべてについていくのはなかなか至難のわざですが、それでも読んでいるとクスクス笑えてくる。
エッセイというのは爆笑というよりも、「そうそう」的な、ちょっと笑えるというか、頷けるようなのが適度だと思えるのですが、水玉さんのエッセイはまさにそんな感じ。
ただし、前提としてある程度の知識は必要ですが、本作を手に取りたいと思うような方はその手の情報は持ち合わせているのではないかと思います。
SFからアニメ、ゲーム、小説、トイ、etc・・・・
90年代を過ごしてきたオタク、あるいはその手の文化に興味を持っていた人には是非。
括目あれ!

■ここが改善できるともっとよかったかも?

いまさらどうこういうことはありませんよ。
とにかく水玉さんの書いたものがまとまって読めるのはありがたい!

 

SFまで10000光年

新品価格
¥2,052から
(2019/6/2 15:27時点)

 

応援クリックいただけると幸いです。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

スポンサーリンク

アドセンス1

スポンサーリンク

アドセンス1

スポンサーリンク

-SF, エンタメ, 書評
-, , , ,

Copyright© マリア様の愛読書 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.