書評と主にマリア様がみてるの二次創作(旧:よしのXブレード)

マリア様の愛読書

ファンタジー 書評

【ブックレビュー】風の海 迷宮の岸(著:小野不由美)

更新日:

【作品情報】
 作品名:風の海 迷宮の岸
 著者:小野不由美
 ページ数:390
 ジャンル:ファンタジー
 出版社:新潮社

 おススメ度 : ★★★★★★★★☆☆
 泰麒かわいい度 : ★★★★★★★★☆☆
 こういう人におススメ! : 少年の成長物語

 

■作品について

神獣である麒麟が王を選ぶ。
それこそが十二国の定め。
なれば、その麒麟はどうして決まるのか。麒麟はどのようにして王を決めるのか。
戴国の麒麟、泰麒は十二国ではなく日本で人の子として育ってきた。
麒麟の役割を理解できない泰麒は王を選ぶことができるのか?

■良かった点

前作、「月の影 影の海」では陽子が王になる話を描いた。

【ブックレビュー】月の影 影の海 上・下(著:小野不由美)

【作品情報】  作品名:月の影 影の海 上・下  著者:小野不由美  ページ数:上巻:278、下巻:267  ジャンル:ファンタジー  出版社:新潮社  おススメ度 : ★★★★★★★★☆☆  とりあ ...

続きを見る

その中で麒麟という存在が描かれ、麒麟が王を選ぶとも。
今巻では、戴国を舞台に、泰麒の麒麟側の世界が語られる。

麒麟とはどういう存在なのかというのはもちろん、立場であったり、役割、その大変さ、そういったものがきっちりと描写されている。
これを読むと、前巻の景麒のちょっと横柄なというか、つっけんどんな態度も許せるかもしれません。
更に、単に麒麟の話というだけではない。
陽子が十二国に流れ着いたのとは反対に、泰麒は十二国で育つべきはずが、日本に流れて人の子として育てられてしまう。
十年の時を経て戻ってきても、麒麟とは何か、王とは何か。それが分からない。
陽子とは別の意味で十二国に惑う泰麒だが、陽子とは逆に王を選ばなければならない立場というのが辛い。
間違った王を選べば、それで国は傾くし、麒麟自身の命にも関わるのだ。

物語を描くうえで非常に良く出来ているのは、少年の立場から徐々に世界観や設定が分かってくるところ。
これは読者としてもうまく入っていける。
十二国記は異世界ファンタジーであるが、その舞台設定は非常にしっかりと作られている。
それを理解して読むのと読まないのとでは、読み手が受けるものは全然違ってくる。
十二国について、麒麟について説明をしつつ、少年の成長物語でもある。
シリーズ二巻目にこの作品を描かれたというのが良くわかる一冊である。

■ここが改善できるともっとよかったかも?

だから、十二国記に文句はないのですが。
陽子が出てこないのが残念です(笑)

 

風の海 迷宮の岸 十二国記 2 (新潮文庫)

新品価格
¥680から
(2019/7/13 10:41時点)

 

応援クリックいただけると幸いです。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

スポンサーリンク

アドセンス1

スポンサーリンク

アドセンス1

スポンサーリンク

-ファンタジー, 書評
-, , , ,

Copyright© マリア様の愛読書 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.