ミステリー 書評

【ブックレビュー】ねらわれた女学校 セーラー服と黙示録(著:古野まほろ)

更新日:

【作品情報】
 作品名:ねらわれた女学校 セーラー服と黙示録
 著者:古野 まほろ
 ページ数:336ページ
 ジャンル:ミステリー
 出版社:角川書店

 おススメ度 : ★★★★★★★☆☆☆
 むしろファンタジー度 : ★★★★★★★★☆☆
 こういう人におススメ! : 魔女裁判に詳しくなりたい

 

■作品について

孤島に設立された探偵養成学校、聖アリスガワ女学校。
十字架、吸血鬼、そして悪魔。全寮制の探偵養成女学校を襲う怪事件。
立ち向かうのはもちろん、三人娘。
アリスガワ女学校を舞台にした短編集。

■関連レビュー

【ブックレビュー】セーラー服と黙示録(著:古野まほろ)

【作品情報】  作品名:セーラー服と黙示録  著者:古野 まほろ  ページ数:343ページ  ジャンル:ミステリー  出版社:角川書店  おススメ度 : ★★★★★★★☆☆☆  続きが気になる度 :  ...

続きを見る

【ブックレビュー】全日本探偵道コンクール セーラー服と黙示録(古野まほろ)

【作品情報】  作品名:全日本探偵道コンクール セーラー服と黙示録  著者:古野 まほろ  ページ数:496ページ  ジャンル:ミステリー  出版社:角川書店  おススメ度 : ★★★★★★★☆☆☆ ...

続きを見る

※「ぐるりよざ殺人事件」も読んだのですが、図書館本でちょっと手元にないのでまた別途・・・・

■良かった点

おー。
前作までの長編から今回は短編集になったわけですが、どんどんとんでも設定になりますね。
まあ吸血鬼に悪魔ですから。
ただ、だからといってズルになっているわけではない。
その設定できちんと縛りを入れたうえで、謎を入れ込み、解明できるようにしている。

収録されているのは4編。

「消えたロザリオ」
 もっとも正統派の謎解き。
 こいつはロジックで解いてください。

「とらわれた吸血鬼」
「あらわれた悪魔」
 吸血鬼と悪魔です。
 魔女裁判です。
 もう特殊設定で、色々とその手の薀蓄を語ってもくれています。果たしてその知識がいつ役立つのか、というのは置いて。
 
「ねらわれた女学校」
 表題作。
 三人娘が目覚めると、そこは永遠にループする「無限階段」でできた異世界だった。
 それぞれ異なる場所で、同じ「無限階段」に挑む三人娘。
 いかにして脱出を果たすのか? 三人の探偵としての個性が出ているのが面白い。

特殊な設定なれど、あくまでロジカル。
この世界にはまってみては?

■ここが改善できるともっとよかったかも?

まあやはり、この手の特殊設定・世界観が受け入れられるか? でしょうか。
文章も、人によっては受け入れ辛い部分あるかもしれませんね。

 

ねらわれた女学校 セーラー服と黙示録 (角川文庫)

ねらわれた女学校 セーラー服と黙示録【電子書籍】[ 古野 まほろ ]

価格:821円
(2018/12/23 09:29時点)
感想(0件)

 

応援クリックいただけると幸いです。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

スポンサーリンク

アドセンス1

スポンサーリンク

アドセンス1

スポンサーリンク

-ミステリー, 書評
-, , ,

Copyright© マリア様の愛読書 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.