書評と主にマリア様がみてるの二次創作(旧:よしのXブレード)

マリア様の愛読書

ギャグ・その他 マリア様がみてる

【マリみてSS(桂)】もう一つの革命 <エピローグ>

更新日:

 

~ もう一つの革命 ~
<エピローグ>

 

 『黄薔薇革命』も落ち着き、通常の日々に戻った学園。由乃さんたちと、あるいは桂たちと同じように姉妹を解消した人たちも、多くのところはよりを戻したと聞く。人のことは言えないが、みんな結構、調子がいいものだ。  私も、すぐにいつもの姿に戻った。
 ただ、前と異なることもあったけれど。
「桂さん、はい、あーん」
「あ、あーん」
 きっと私の顔は今、真っ赤になっている。
 何しろ、女神様(志摩子さん)が目の前で、お箸ではさんだ卵焼きを向けてきているのだから。
 今いるのは講堂の裏。さすがに寒くなってきて、外で食べるのは厳しくなってきたが、そのせいか他に人の姿は見えない。
「美味しいかしら?」
「う、うん」
「良かった」
 微笑む志摩子さんが眩しい。
 仲良くなって、しばしばお昼を一緒にするようになったけれど、なかなか慣れそうにはない。いつも、ドキドキして顔が熱くなる。
「桂さんと仲良くなれて、嬉しいわ」
「あ、ありがとう」
「桂さん、寒くない?さすがに冷えるものね」
「うん、ちょっと、ね」
 身をすくませる。
 すると。
「こうすれば、少しは暖かいかしら」
 腕に、何やら柔らかくて暖かいものが押し付けられた。
 見ると、志摩子さんが体を寄せてきてくっついたせいで、その胸が腕にあたっているのだ。
「はわ、はわわわわっ」
 暖かいのを通り越して、私の体は熱くなってしまった。
 嬉しいけれど、ちょっと困りもする変化だった。

 

 部活では、また前の調子を取り戻した。
「みんな、聞いて聞いて!なんと数学の皆川センセが!」
 入手したばかりの速報を伝えようと、部室に駆け込む。
 みんなが、「またか」といった顔でこちらを見る。お姉さまは渋い顔をして、理沙子さまはわずかに頬を緩ませたように見えた。
「ほら、お喋りばかりしていないで、練習の時間よ」
「はーい」
 着替えて、コートに出る。
 練習は、いつもの通り。相変わらず私はたいして上手くもないけれど、純粋にテニスが楽しいと思えた。
「ほら桂ちゃん、打った後の姿勢」
「は、はいっ」
 理沙子さまは、ちょっとばかり練習に厳しくなったように思えるのは、気のせいだろうか。
 結局、理沙子さまの気持ちは、そしてあの日お姉さまと何を話していたのかは分からなかった。
 でも、それでいいのだろう。
 知ったところで、私には何もできない。
 私に出来ることは、普段どおりの私でいることだけだ。
「あ、理沙子さまと椿さま、試合形式で練習されるみたいよ」
「え」
 見ると、コートで対峙する二人の姿が。
 さすがに、ドキッとしたけれども心を落ち着かせる。自分が今さら動揺してどうするというのか。
 サーブは理沙子さま。
 強烈な球筋。ラリーが続く。
 実力的には理沙子さまの方が上だけれども、お姉さまもくらいついている。
「あーっ、駄目かっ」
 結局、理沙子さまがサービス・キープした。
 続いて、お姉さまのサービス・ゲーム。ふと、ボールを手にしたお姉さまと目があった。すると、その視線を追いかけた理沙子さまとも視線がぶつかった。
 二人の目が、「どっちを応援するの?」と、問いかけてきているようで、私は惑う。
 交互に二人の姿に目を移し、どちらにするか迷った挙句、私は。
「お、お二人とも頑張れっ!!」
 などと、どっちつかずの声援を出してしまった。
 そしてそれを耳にした二人は。
「桂、覚えていなさいよっ」
 と、お姉さま。
「桂ちゃん、八方美人はだめよ」
 これは理沙子さま。
「えええ、で、でもっ」
 おたおたする私を横目に、プレイに興じる二人。

 そのお姉さまを見て、私は目を見張った。

 

 蔦子さんから貰った写真の表情と、同じように見えたから。

 

「―――ああ」

 見上げれば、高くて遠い秋の空。

 球の弾む乾いた音が、どこまでも、どこまでも響いていた。

 

おしまい

 

応援クリックいただけると幸いです。
にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ

スポンサーリンク

アドセンス1

スポンサーリンク

アドセンス1

スポンサーリンク

-ギャグ・その他, マリア様がみてる
-, ,

Copyright© マリア様の愛読書 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.