「 志摩子 」 一覧

【マリみてSS(志摩子×静×真紀×祐麒)】開演の歌

~ 開演の歌 ~     「うおおおおおおおっ、しまった、いきなり間違えるとか、俺は馬鹿か!?」  ダッシュしながら叫ぶとかどう考えても効率が悪いというか、明らかに呼吸が苦しくなる ...

【マリみてSS(祐麒×志摩子)】違う私

~ 違う私 ~      母が、長電話をしている。  夕食を終え、居間でのんびりとテレビなんかを眺めている時間帯。家はお寺だけど、普通にテレビはあるし、父は意外と俗なテレビ番組も好 ...

【マリみてSS(色々・ネタ)】小ネタ集4 ショート百合2

  6. 「あの……み、三奈子さん。恥しいわ」 「あら祥子さん、とても可愛いわよ」 三奈子さんにすすめられるまま身につけたのは、オフホワイトのタートルネックのレース使いカットソーに、 ブルー ...

【マリみてSS(色々・ネタ)】小ネタ集2

  <1> 由乃「山百合会に必要なもの、それは『親しみ』よ!」 志摩子「いきなりどうしたの、由乃さん?」 祐巳「びっくりしたあ」 由乃「言ったとおりよ。山百合会はもっと一般生徒にアピールすべ ...

【マリみてSS(色々・ネタ)】小ネタ集1 こんなマリみてはイヤだ

  その1 「令ちゃん、何作っているの?」 「え、ああ、新しい服だよ」 「……令ちゃん、体育科に行ったのに、前より沢山服を作っているね」 「そ、そう?友達に頼まれちゃって」 「それにしたって ...

【マリみてSS(由乃・志摩子)】おもいでが、いっぱい その6

~ おもいでが、いっぱい ~その6    そんなことがあって数日後、薔薇の館ではいつものように山百合会の仕事が行われていた。 「ああ、事務仕事って、なんでこんなにつまらないのかしら」  頬杖 ...

【マリみてSS(由乃・志摩子)】おもいでが、いっぱい その5

~ おもいでが、いっぱい ~ その5    夢を見ていた。  幼い日の。  由乃の側にはいつも令がいた。  否、令しかいなかった。  遠くの公園では、同年代の少年少女が楽しそうにはしゃぎまわ ...

【マリみてSS(由乃・志摩子)】おもいでが、いっぱい その4

~ おもいでが、いっぱい ~その4    翌月曜日、由乃は今日こそ謝ろうと決意して家を出たが、学校に近づくにつれて段々と弱気になってきた。  謝って、志摩子さんは許してくれるのだろうか。あの ...

【マリみてSS(由乃・志摩子)】おもいでが、いっぱい その3

~ おもいでが、いっぱい ~ その3    薔薇の館での志摩子さんと大声で喧嘩した翌日。  気まずい思いを抱えながらも学園を休むわけにはいかず、悶々としながら由乃は登校した。家から学園までの ...

【マリみてSS(由乃・志摩子)】おもいでが、いっぱい その2

~ おもいでが、いっぱい ~ その2    薔薇の館に入ると、そこには志摩子さんがいた。他にはまだ誰の姿も見えないところを見ると、二番のりということみたいだった。 「ごきげんよう」 「ごきげ ...

Copyright© マリア様の愛読書 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.