「 由乃 」 一覧

【マリみてSS(由乃×祐麒)】太陽がもえている

~ 太陽がもえている ~    どこか遠くで、呼ばれたような気がした。一度止まって、左右を見回してみるが特に見知った顔は無く、祐麒は再び進み始めた。  そこでまた、自分の名前を呼ぶ声を聞いた ...

【マリみてSS(由乃・志摩子)】おもいでが、いっぱい その6

~ おもいでが、いっぱい ~その6    そんなことがあって数日後、薔薇の館ではいつものように山百合会の仕事が行われていた。 「ああ、事務仕事って、なんでこんなにつまらないのかしら」  頬杖 ...

【マリみてSS(由乃・志摩子)】おもいでが、いっぱい その5

~ おもいでが、いっぱい ~ その5    夢を見ていた。  幼い日の。  由乃の側にはいつも令がいた。  否、令しかいなかった。  遠くの公園では、同年代の少年少女が楽しそうにはしゃぎまわ ...

【マリみてSS(由乃・志摩子)】おもいでが、いっぱい その4

~ おもいでが、いっぱい ~その4    翌月曜日、由乃は今日こそ謝ろうと決意して家を出たが、学校に近づくにつれて段々と弱気になってきた。  謝って、志摩子さんは許してくれるのだろうか。あの ...

【マリみてSS(由乃・志摩子)】おもいでが、いっぱい その3

~ おもいでが、いっぱい ~ その3    薔薇の館での志摩子さんと大声で喧嘩した翌日。  気まずい思いを抱えながらも学園を休むわけにはいかず、悶々としながら由乃は登校した。家から学園までの ...

【マリみてSS(由乃・志摩子)】おもいでが、いっぱい その2

~ おもいでが、いっぱい ~ その2    薔薇の館に入ると、そこには志摩子さんがいた。他にはまだ誰の姿も見えないところを見ると、二番のりということみたいだった。 「ごきげんよう」 「ごきげ ...

【マリみてSS(由乃・志摩子)】おもいでが、いっぱい その1

  「ごきげんよう」 「ごきげんよう」  澄み切った青空に、乙女達の声がこだまする。  その中に一人、細身の体に色白の肌、大きな瞳に茶色がかった長い髪の毛をお下げにした少女が、周りの少女達よ ...

【マリみてSS(由乃、祐麒他)】ぱられる! 4

 「ぱられる4  煌めく時に捕われた?」   GWも終わり、一年で最初の中間テストの背中が見え始めた頃。だが生徒達は、先のテストのことよりも、目の前の小さな幸せを手に入れることを優先してしまいがちだ。 ...

【マリみてSS(由乃×志摩子)】宿敵

  ~ 宿敵 ~     「志摩子さん、あなたを私の宿敵と書いてライバルとするわ!」  突然、目の前に座っていた由乃さんが立ち上がり人差し指をビシッと突きつけてきた。きょ ...

【マリみてSS】黄薔薇恋愛革命 エピローグ

~ エピローグ ~  新聞部の部室の中、キーボードを叩くリズミカルな音が響いていた。  前髪が目にかからないよう、ピンできっちりと留めたいつものスタイルで、真美はワープロに向かっていた。  学園祭の記 ...

Copyright© マリア様の愛読書 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.