「 由乃 」 一覧

【マリみてSS(江利子・令・由乃・祐麒)】黄薔薇恋愛狂想曲 5

5.自爆と自滅   「はあ~」 「はぁ~っ」  由乃と令ちゃんは同時に大きくため息をついた。  ここは令ちゃんの部屋、由乃と令ちゃんはベッドの上に力なく座っていた。お互いに、脱力している。 ...

【マリみてSS(江利子・令・由乃・祐麒)】黄薔薇恋愛狂想曲 4

4.銀月の下で    祐麒は動転していた。  それもそうだろう、まさか家庭教師初日であった昨日の今日に、学校まで訪ねてくるなんて想像できるはずもない。  もちろん、校門前の目立つところに堂々 ...

【マリみてSS(由乃、祐麒他)】ぱられる! 10

~ ぱられる! ~    「ぱられる10  明日のストーリー」   夏休みである。  学生たちはここぞとばかりに遊びまくったり、自堕落な生活を送ったり、趣味にはしったりと、自由を謳歌している ...

【マリみてSS(江利子・令・由乃・祐麒)】黄薔薇恋愛狂想曲 3

3.お願い!江利子先生    それは、秋も終わりに近づいた頃だった。  気温は冬に向けて一気に下降してゆき、家ではエアコンが稼動しはじめていた。乾燥した空気に肌がかさつくし、これから先、さら ...

【マリみてSS(江利子・令・由乃・祐麒)】黄薔薇恋愛狂想曲 2

2.噂は事実より奇    人の噂も七十五日とはいうけれど、さすがに一日しか過ぎていなければ、そう簡単に噂が消えてしまうこともない。しかし、噂の当事者である二人とも学園にはいないというのに、そ ...

【マリみてSS(色々・ネタ)】小ネタ集9

  1. 由乃「山百合会に必要なもの、それは『親しみ』よ!」 志摩子「いきなりどうしたの、由乃さん?」 祐巳「びっくりしたあ」 由乃「言ったとおりよ。山百合会はもっと一般生徒にアピールすべき ...

【マリみてSS(江利子・令・由乃・祐麒)】黄薔薇恋愛狂想曲 1

   いよいよ街も冬の様相を呈してきた今日この頃。  コートが待っていましたとばかりに誇らしげな顔をして姿を現し、マフラー、手袋だって活躍の場を与えられる。  それくらい寒くなってきたという ...

【マリみてSS(由乃×祐麒)】楽園 <後編>

~ 楽園 ~ <後編>      行き当たりばったりだったということで、どこへ行ってもおかしくないのは分かっていたが、実際に予想もしていなかった場所に来ることになると、やはり動揺す ...

【マリみてSS(色々・ネタ)】小ネタ集7 ショート百合5

  1 日出美は固まっていた。動けない。顔を上げることもできない。 そんな日出美を見つめる、レンズ越しの視線。 「新聞部と写真部の間の壁は薄いって、教わらなかった?」 にこやかな顔が、逆に怖 ...

【マリみてSS(由乃×祐麒)】楽園 <前編>

~ 楽園 ~ <前編>    祐麒は思い悩んでいた。  知ってしまった、自分の気持ちを持て余していた。  果たして初恋はいつだったか、明確なことは覚えていない。おそらく、小学生の頃だと思うが ...

Copyright© マリア様の愛読書 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.