「 由乃 」 一覧

【マリみてSS】黄薔薇恋愛革命 6.鼓動は乱れだす

6.鼓動は乱れだす  講堂の裏手で銀杏並木を見つめながら、真美はため息を吐き出した。  一体、自分は何をしているのだろう。一人で思い悩み、自己嫌悪に陥り、落ち込んで、膝を抱えてうずくまって。  でも、 ...

【マリみてSS】黄薔薇恋愛革命 5.糸は縺れてゆく

5.糸は縺れてゆく 「……はぁ」  お昼休み、講堂の裏手の階段に腰掛けながら、真美はため息をついた。  なんで、こんな気分になっているのか。いや、理由は分かっている。昨日の出来事のせいだ。真美は、ポケ ...

【マリみてSS(由乃、祐麒他)】ぱられる! 3

 「ぱられる3  声にならないほど愛しい?」   4月も後半になると、新入生も大分、学園での生活に慣れてくる。もっとも二年生になるとそんな初々しさなどどこにもなく、自由に学園内を闊歩する様があちらこち ...

【マリみてSS】黄薔薇恋愛革命 4.心はとろけだす

4.心はとろけだす  祐麒にとっての最終手段とは、リリアンにおける由乃さんの姉であり、実の従姉でもある現黄薔薇さま、支倉令さんであった。生まれたときから由乃さんとの付き合いがあり、家族同然で由乃さんの ...

【マリみてSS】黄薔薇恋愛革命 3.風は加速する

3.風は加速する 「ちょっと祐麒、あんた一体、由乃さんに何をしたのよ!」  その日、家に帰るなり、祐巳につかまり怒鳴りつけられた。その表情は、滅多に見ることが出来ない、本気で怒っているときの祐巳が見せ ...

【マリみてSS】黄薔薇恋愛革命 2.想いはすれ違う

2.想いはすれ違う  お昼休み。ここ最近は文化祭に向けて、薔薇の館でお弁当を食べることが多かったけれど、今日は久しぶりに講堂の裏手にやってきた。すると、そこには既に先客がいた。それも意外なことに、志摩 ...

【マリみてSS】黄薔薇恋愛革命 1.歯車は回り始める

1.歯車は回り始める  学園祭が終わったあとの花寺学院では、毎年恒例とも言える行事というか、話題というかが至るところで渦巻いていた。  今もまた、祐麒の目の前で同様の会話がなされている。去年までだった ...

【マリみてSS(由乃×祐麒)】終わらない夏

~ 終わらない夏 ~  いったい、この暑さはなんだろうか。夏って、毎年こんなに暑かっただろうか。思い出そうとして、今までの人生、夏に長時間外に出るなんて事がほとんどなかったことに気が付いた。  心臓に ...

【マリみてSS】黄薔薇恋愛革命 0.前奏曲

0.前奏曲  令は、星を見上げていた。  夜空に無数に輝く、光の欠片。知っている星もあれば、名も知れずひっそりと息を殺している星もある。  外見とは裏腹に、ロマンチックな令。  ミスマッチだな、と思い ...

【マリみてSS(由乃、祐麒他)】ぱられる! 2

~ ぱられる! ~    「ぱられる2  あの素晴らしいお約束を二度三度」   心地よいまどろみの中、祐麒は二度寝を堪能していた。すでに、けたたましく鳴る目覚まし時計の活動は停止している。「 ...

Copyright© マリア様の愛読書 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.