「マリア様がみてる」 一覧

【マリみてSS(可南子・菜々・祐麒)】とらんす! 2.逆転する!?

~ とらんす! ~   『2.逆転する!?』      なんとなく寝苦しくて、俺は目を覚ました。布団の中にくるまっているせいかと、はじめは思ったが、どうも違うようだった。 ...

【マリみてSS(江利子×祐麒)】スウィート・イリュージョン <第九話>

   運命の罠、偶然の落とし穴、そんな言葉が心と身体をがんじがらめにしてくる。  果たして、いつの頃から捕らえられてしまったのだろうか。あまりに心地よく、あまりに魅力的だから、捕まってしまっ ...

【マリみてSS(可南子・菜々・祐麒)】とらんす! 1.変化する!?

   女の子の体は神秘に満ちている。  その柔らかそうで、男にはない丸みを帯びていて、触ったらとても気持ちよさそうで、色々と見てみたい、感じてみたいと思うのは、年頃の、いや年頃でなくても男な ...

【マリみてSS(江利子×祐麒)】スウィート・イリュージョン <第八話>

~ スウィート・イリュージョン ~<第八話>      高校に入学したときは、もちろん、祐麒だってそれなりに夢や期待を抱いていたものである。  どんな新たな友人が出来るか、部活動に ...

【マリみてSS(由乃・志摩子)】おもいでが、いっぱい その6

~ おもいでが、いっぱい ~その6    そんなことがあって数日後、薔薇の館ではいつものように山百合会の仕事が行われていた。 「ああ、事務仕事って、なんでこんなにつまらないのかしら」  頬杖 ...

【マリみてSS(江利子×祐麒)】スウィート・イリュージョン <第七話>

~ スウィート・イリュージョン ~<第七話>    あっという間に日は流れ、デート当日となった。  待ち合わせ場所で会って少し話をして、まず釘を刺されたのが、 「私達、お付き合いしているんだ ...

【マリみてSS(由乃・志摩子)】おもいでが、いっぱい その5

~ おもいでが、いっぱい ~ その5    夢を見ていた。  幼い日の。  由乃の側にはいつも令がいた。  否、令しかいなかった。  遠くの公園では、同年代の少年少女が楽しそうにはしゃぎまわ ...

【マリみてSS(江利子×祐麒)】スウィート・イリュージョン <第六話>

  「お帰りなさいませー」  笑顔で客を迎え入れ、手際よく案内して注文をとる。  仕事にもメイド姿にも慣れてきた(慣れたくはなかったが)、仕事の中のちょっとした隙間、客足が緩やかになったとき ...

【マリみてSS(由乃・志摩子)】おもいでが、いっぱい その4

~ おもいでが、いっぱい ~その4    翌月曜日、由乃は今日こそ謝ろうと決意して家を出たが、学校に近づくにつれて段々と弱気になってきた。  謝って、志摩子さんは許してくれるのだろうか。あの ...

【マリみてSS(江利子×祐麒)】スウィート・イリュージョン <第五話>

~ スウィート・イリュージョン ~<第五話>    ひらひらのスカートをはためかせながら、店内を動き回る。忙しくても、必要以上に慌ただしくすることなく、落ち着きをもって応対する。それが、この ...

Copyright© マリア様の愛読書 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.