「マリア様がみてる」 一覧

【マリみてSS(栄子×祐麒)】小さな笑み

~ 小さな笑み ~   「――それじゃあ、栄子の未来を祝して、かんぱーい!!」 「かんぱ~~い」  場所を居酒屋に移し、早速の乾杯。  美月の軽口にも応じず、栄子は最初の一杯を一気に飲み干し ...

【マリみてSS(令×祐麒)】君の温もり

~ 君の温もり ~    つい数日前までは、まだコートは必要なかったというのに、冬の足音は急速に大きくなってきて、慌ててコートを出したのがつい昨日のこと。本当に、一気に寒さが押し寄せてきたよ ...

【マリみてSS(色々・ネタ)】小ネタ集9

  1. 由乃「山百合会に必要なもの、それは『親しみ』よ!」 志摩子「いきなりどうしたの、由乃さん?」 祐巳「びっくりしたあ」 由乃「言ったとおりよ。山百合会はもっと一般生徒にアピールすべき ...

【マリみてSS(三奈子×祐麒)】こんなリスタート

~ こんなリスタート ~    新しい学年となって少しばかり日にちが経って。新しい学校に進学した人たちはそろそろ新しい環境に慣れた頃か、はたまた五月病におちいりがちな時期だろうか。  祐麒自 ...

【マリみてSS(江利子・令・由乃・祐麒)】黄薔薇恋愛狂想曲 1

   いよいよ街も冬の様相を呈してきた今日この頃。  コートが待っていましたとばかりに誇らしげな顔をして姿を現し、マフラー、手袋だって活躍の場を与えられる。  それくらい寒くなってきたという ...

【マリみてSS(祥子×祐麒)】揺れる季節

~ 揺れる季節 ~    どうにも、祥子に避けられているようだった。  リリアンの学園祭に向けて打ち合わせをしたり、合同練習をしたりしているのだが、どうもそう感じる。  最初は、気のせいか、 ...

【マリみてSS(由乃、祐麒他)】ぱられる! 9

~ ぱられる! ~    「ぱられる9  眩しいくらいに」     夏休みであるというのに、なぜ、学校に来なければいけないのかと頭の中で不平をたらしながら、祐麒は学園内に足を踏み入 ...

【マリみてSS(志摩子×桂)】生くりーむ・キス

   自室のベッドに丸まるようにして横になり、桂はボーッとしていた。家に帰ってからというものずっとこの調子で、夕御飯のときも親に心配されたものである。大好きなドラマ、テレビを見ていても集中で ...

【マリみてSS(可南子×祐麒)】マニアックプレイ? <おまけ>

~ マニアックプレイ? <おまけ> ~   「ねえ、可南子」  祐麒が細川家を辞去してしばらくした後、可南子の母である美月は娘に視線を向けて口を開いた。 「なあに?」  濡れた髪の毛を整えつ ...

【マリみてSS(可南子×祐麒)】マニアックプレイ?

~ マニアックプレイ? ~    八月に入り、圧倒的な暑さが襲いかかって来ている。温度という点では七月とさほど変わらないはずなのだが、それでも、よりいっそう暑く感じるのは不思議なもの。こんな ...

Copyright© マリア様の愛読書 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.