「マリア様がみてる」 一覧

【マリみてSS(江利子×祐麒)】スウィート・イリュージョン <第四話>

~ スウィート・イリュージョン ~<第四話>    夢だと、思いたかった。  だけど、それは夢でもなく現実であり、鏡はそれを証明するかのように、今の自分の姿を映し出していた。   ...

【マリみてSS(由乃・志摩子)】おもいでが、いっぱい その2

~ おもいでが、いっぱい ~ その2    薔薇の館に入ると、そこには志摩子さんがいた。他にはまだ誰の姿も見えないところを見ると、二番のりということみたいだった。 「ごきげんよう」 「ごきげ ...

【マリみてSS(江利子×祐麒)】スウィート・イリュージョン <第三話>

~ スウィート・イリュージョン ~<第三話>    花寺生徒会、及びリリアン女学園山百合会合同による、花寺の学園祭に向けた打ち合わせはつつがなく進行している。ついでに、花寺の次に開催されるリ ...

【マリみてSS(由乃・志摩子)】おもいでが、いっぱい その1

  「ごきげんよう」 「ごきげんよう」  澄み切った青空に、乙女達の声がこだまする。  その中に一人、細身の体に色白の肌、大きな瞳に茶色がかった長い髪の毛をお下げにした少女が、周りの少女達よ ...

【マリみてSS(乃梨子×祐麒)】いたずらな雨 <おまけ>

~ いたずらな雨 ~ <おまけ>   「お帰り祐麒、って、あれ?」  帰宅した祐麒を見て、祐巳が驚いたように目を丸くした。  本当は見られる前にこっそり洗面室に行こうとしたのだが、それはかな ...

【マリみてSS(江利子×祐麒)】スウィート・イリュージョン <第二話>

~ スウィート・イリュージョン ~<第二話>    それは、突然のことだった。  梅雨もまだ明けきっていないある休日、特にやることもなく暇を持て余していた祐麒は、街の方に足をのばそうとしてい ...

【マリみてSS(景×蓉子)】淡き鼓動

~ 淡き鼓動 ~    本当に、偶然だった。  こんなことがあるなんて、思いもしなかった。ひとえに、佐藤さんのいい加減さによるものなのだが、後々考えると恐ろしいほどの偶然による僥倖だった。 ...

【マリみてSS(江利子×祐麒)】スウィート・イリュージョン <第一話>

   おめでとう。  おめでとう。  おめでとう。    周囲の人々から口々に祝福の声がかけられる。戸惑いながらも、その声に軽く手を上げて応える。何にせよ、皆が祝いの声をかけてくれ ...

【マリみてSS(乃梨子×祐麒)】いたずらな雨

~ いたずらな雨 ~    休日、祐麒はちょっと駅の方に出かけていた。特別に用事があったわけではない。ただ、家にいてもすることがなかったから。駅まで出れば、本屋で適当に雑誌の新刊を立ち読みし ...

【マリみてSS(祐麒×志摩子)】ホワイトプリンセス・ナイト <エピローグ>

~ ホワイトプリンセス・ナイト ~ エピローグ    祐麒さんと遊びに行った日の次の週。  薔薇の館では、いつものように山百合会の仕事をこなし、合間に紅茶を飲みながら談笑する皆の姿があった。 ...

Copyright© マリア様の愛読書 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.