「 祐麒 」 一覧

【マリみてSS(桂さん)】たとえ「それ」は見えなくても <前編>

~ たとえ「それ」は見えなくても ~<前編> 「るんるんるん」  秋も深まり、学園祭の準備期間に突入したリリアン女学園高等部校舎内を、桂は一人、弾む足取りで歩んでいた。  この時期、どのクラスも学園祭 ...

【マリみてSS(祥子×祐麒)】お嬢様は心配性?! <その1>

 小笠原清子は心を悩ませていた。  心を悩ませているその原因とは、愛すべき娘、祥子のことであった。  祥子が男嫌いであることは、清子も気がついていた。祥子はその容貌の美しさから、また小笠原の娘というこ ...

【マリみてSS】黄薔薇恋愛革命 エピローグ

~ エピローグ ~  新聞部の部室の中、キーボードを叩くリズミカルな音が響いていた。  前髪が目にかからないよう、ピンできっちりと留めたいつものスタイルで、真美はワープロに向かっていた。  学園祭の記 ...

【マリみてSS】黄薔薇恋愛革命 7.恋は走り始める

7.恋は走り始める  なんなんだ、これは。  なんで、こんな状況になっているのか。由乃は自問自答してみたが、都合よく答えなど出てくるはずもなかった。  令ちゃんと仲直りも出来ず、もやもやとした気持ちを ...

【マリみてSS】黄薔薇恋愛革命 6.鼓動は乱れだす

6.鼓動は乱れだす  講堂の裏手で銀杏並木を見つめながら、真美はため息を吐き出した。  一体、自分は何をしているのだろう。一人で思い悩み、自己嫌悪に陥り、落ち込んで、膝を抱えてうずくまって。  でも、 ...

【マリみてSS(令×祐麒)】想いを握りしめて

2018/06/01   -マリア様がみてる,
 ,

~ 想いを握りしめて ~ 『ちょっと神無月くん、どうしてそんなに私にからむのよ?』 『いいだろ、そんなこと。先輩には関係ないからー』 『関係なくないでしょ、私の目につくようにわざとやっていない?』   ...

【マリみてSS】黄薔薇恋愛革命 5.糸は縺れてゆく

5.糸は縺れてゆく 「……はぁ」  お昼休み、講堂の裏手の階段に腰掛けながら、真美はため息をついた。  なんで、こんな気分になっているのか。いや、理由は分かっている。昨日の出来事のせいだ。真美は、ポケ ...

【マリみてSS(由乃、祐麒他)】ぱられる! 3

 「ぱられる3  声にならないほど愛しい?」   4月も後半になると、新入生も大分、学園での生活に慣れてくる。もっとも二年生になるとそんな初々しさなどどこにもなく、自由に学園内を闊歩する様があちらこち ...

【マリみてSS】黄薔薇恋愛革命 4.心はとろけだす

4.心はとろけだす  祐麒にとっての最終手段とは、リリアンにおける由乃さんの姉であり、実の従姉でもある現黄薔薇さま、支倉令さんであった。生まれたときから由乃さんとの付き合いがあり、家族同然で由乃さんの ...

【マリみてSS(真美×祐麒)】甘くてすっぱい贈り物

~ 甘くてすっぱい贈り物 ~  商店街のメインストリートに流れるのはクリスマスソング。様々な化粧をされた個性的なツリーが各店の前に並び、マスコットキャラはサンタの格好をしたりトナカイの格好をしたりと、 ...

Copyright© マリア様の愛読書 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.