「 祐麒 」 一覧

【マリみてSS(三奈子×祐麒)】真夏のミラージュ <前編>

~ 真夏のミラージュ ~<前編>  つまらない。  毎日毎日、予備校通い。真夏の、殺人的な日差しの下、何が哀しくて予備校に通い詰めて勉強をしなくてはならないのか。  そして、たまに予備校が無いときだっ ...

【マリみてSS(蓉子×祐麒)】気持ちがミステリー 第五話

~ 気持ちがミステリー ~<第五話>  九月に入ると、当たり前だけど二学期が始まる。でも、大学の後期は九月の中旬にならないと始まらない。  だから必然的に、祐麒くんのシフトとあわなくなった。また、花寺 ...

【マリみてSS(蓉子×祐麒)】気持ちがミステリー 第四話

~ 気持ちがミステリー ~<第四話>  暑い。  青い空、白い雲、照りつける太陽、押し寄せては返す波、焼けるように熱い砂、響き渡る歓声、そして思い思いの水着に身を包んだ男女。  確認するまでも無く、こ ...

【マリみてSS(蓉子×祐麒)】気持ちがミステリー 第三話

~ 気持ちがミステリー ~<第三話>  あの、飲み会の日から三日後。私は、更衣室で制服に着替えながら、あの夜のことを思い出していた。この三日間で一体、何度、思い出しているだろうか。  告白されることに ...

【マリみてSS(蓉子×祐麒)】気持ちがミステリー 第二話

~ 気持ちがミステリー ~<第二話>  アルバイトをはじめて、早くも二週間が過ぎようとしていた。勿論、私は職場では、まだ一番の新米なのだけれど。それなのに、なぜか知らないけれど、いつの間にか同僚達に色 ...

【マリみてSS(蓉子×祐麒)】気持ちがミステリー 第一話

 しまった。不覚だった。まさか、あんなところを見られるとは。 「いや~、蓉子がまさか、あんなねえ」  聖が隣でにやにやと笑っている。人の肩に馴れ馴れしく手を回しているが、それを振り払う気にもなれない。 ...

【マリみてSS(可南子)】青空に描いて

~ 青空に描いて ~  ふと、足を向けたのは本当に偶然だった。  休日、クラスメイトの家に遊びに行ったものの、肝心の友人が体調不良ということで早々にお暇した帰り道。時間だけはあったので、普段はなかなか ...

【マリみてSS(令・祐麒)】夏の夜の出逢い

~ 夏の夜の出逢い ~  夏休みも後半に入ったが暑さは全く衰える様子を見せず、相変わらず元気な蝉の鳴き声はやかましいほどで、アスファルトから放たれる熱気はむせるほどである。昼間はもちろん、夜になっても ...

【マリみてSS(由乃、祐麒他)】ぱられる! 1

 「ぱられる1  福沢祐麒の非凡な平凡」   朝日がカーテンの隙間から差し込み、今日もまた良い天気であることを堂々と主張している。  しかし、部屋の主はというと、ベッドの上で高いびきをかいて熟睡してい ...

【マリみてSS(真美・祐麒)】あなたの記事が書けなくて <後編>

~ あなたの記事が書けなくて ~<後編> 『土原勇気展』は予想していた以上に良いものだった。開催されていたホールを出て、近くのカフェに入るまでの間も、真美の興奮は収まらなかった。思わず、祐麒さんにも熱 ...

Copyright© マリア様の愛読書 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.