「 祐麒 」 一覧

【マリみてSS(祐麒×志摩子)】ホワイトプリンセス・ロード <その4>

~ ホワイトプリンセス・ロード ~<その4>    クリスマス・パーティの当日はとても良い天気だった。  ホワイト・クリスマスにはなりそうもないけれど、晴れ渡った空から降り注ぐ冬の太陽は、と ...

【マリみてSS(色々)】パラレル オルタネイティヴ 1.動き始める時間

~ パラレル オルタネイティヴ ~   1.動き始める時間   10月22日    目を覚ました祐麒はベッドの上で上半身を起こし、呆然としたように頭を数回横に振る。部屋の ...

【マリみてSS(三奈子×祐麒)】サルビアの花のように

~ サルビアの花のように ~    今年の夏は比較的涼しいでしょう、なんて言っていた、どこかの気象予報士の言葉が恨めしくなるくらい、暑い日が続いていた。  こんな暑くちゃあ、受験勉強などでき ...

【マリみてSS(祐麒×志摩子)】ホワイトプリンセス・ロード <その3>

~ ホワイトプリンセス・ロード ~<その3>    クリスマスパーティの前週である今日、私と祐麒さんは『月の子学園』を訪れることになっていた。パーティ当日にいきなり訪問するのもどうかというこ ...

【マリみてSS(可南子×祐麒)】祭りのアト <美月・母娘編・おまけ>

  「ちょっとお母さん、変な冗談はやめてよ」 可南子が目を吊り上げて言う。 「冗談じゃなくて本気なら良いのかしら?」 美月は余裕の笑みを見せている。   お祭りが終わった後の細川家 ...

【マリみてSS(祐麒×志摩子)】ホワイトプリンセス・ロード <その2>

   藤堂、という名前に恥ずかしながらも簡単に反応してしまった。  幸いなことに、飛び上がるとか、大声を出すとか、ソファから転がり落ちるとか、そのような具体的な行動にはつながらなかったため、 ...

【マリみてSS(可南子×祐麒)】祭りのアト <可南子編・おまけ>

  「それで実際、何があったの?」 祐麒が帰宅したあと、改めて美月が祭りのことを尋ねてきた。 可南子は長い髪の毛を指で梳きながら答える。 「……その、知らない間に、浴衣の中に入って来ていて」 ...

【マリみてSS(祐麒×志摩子)】ホワイトプリンセス・ロード <その1>

   秋が過ぎ去り、冬が一気に押し寄せてきたように感じられた。  冷たくなった風を首筋に受け、私は軽く身を縮こまらせる。寒いけれど、冬という季節は嫌いではない。冷えた夜空に敷き渡った星空とか ...

【マリみてSS(可南子×祐麒)】祭りのアト <美月(母娘)編>

~ 祭りのアト ~    例え夜になって日が落ちたとて、真夏は真夏であり、蒸し暑さが解消されるというわけではない。ギラギラと焼き殺さんばかりの太陽が顔を隠しただけマシだが、周囲は徐々に暗くな ...

【マリみてSS(色々・ネタ)】小ネタ集21 マリみて十二国記(1)

  ~ 新作発売記念! マリみて十二国記 <慶> ~   慶国と女王は相性が悪い、それは近年続く女王の治世から見ても明らかだった。 今度こそは、と期待したがまたしても女王で、加えて ...

Copyright© マリア様の愛読書 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.